V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
380
[開催日]
2015/02/21
[会場]
呉市総合体育館(オークアリーナ)
[観客数]
2,300
[開始時間]
16:25
[終了時間]
17:48
[試合時間]
1:23
[主審]
江下 毅
[副審]
國頭 亮太

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 徳元 幸人
通算ポイント: 46
通算: 15勝5敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【24】
20 0

ポイント
0
25 第2セット
【24】
17
25 第3セット
【29】
22
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 篠田 歩
コーチ: 山本 太二
通算ポイント: 25
通算: 8勝12敗

( )内は交代選手

監督コメント

 順位を問わず、どのチームにとってもリーグの終盤というのは、とても重要な試合だと思う。
 東レアローズは経験値の高い素晴らしいチームで、今日も彼らの長所を生かしたバレーボールを展開していたが、我々は試合の入り方が良く、自信を持って最後まで戦い続けることができた。サーブからの攻撃で多くの得点を重ねたことが勝因だが、一番良かった点は3セットを通してアタックのミスがわずか1本、難しい場面でもこちらのチャンスをものにすることができた。
 呉へお越しいただいたファンの皆様、ご声援ありがとうございました。

25 井上
()
町野
()
黒木
()
星野
(瀬戸口)
20
八子
()
越川
()
ボヨビッチ
()
藤井
(相澤)
筧本
()
ヴィソット
()
米山
()
富松
(鈴木)
酒井 リベロ 井手
25 町野
()
越川
()

(鈴木)
星野
(瀬戸口)
17
井上
()
ヴィソット
()
ボヨビッチ
()
藤井
()
八子
()
筧本
()
米山
()
富松
()
酒井 リベロ 井手
25 町野
()
越川
()
米山
()
ボヨビッチ
()
22
井上
()
ヴィソット
()
富松
()
黒木
()
八子
()
筧本
()
藤井
(梅野)
星野
(鈴木)
酒井 リベロ 井手

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 第1セット、サーブレシーブを崩され、また堅さもあり、終始相手にリードされる展開となってしまった。
 第2セット以降、サーブレシーブは徐々に安定してきたが、ラリーの中、コンビミスや相手の攻撃を止めることができず、連取されてしまった。
 第3セット、ボヨビッチのサーブで応戦し、セッターを梅野に代えてリズムに乗ったが、最後は相手に逃げ切られ敗れてしまった。
 明日は、レギュラーラウンド最後の試合だが、チーム一丸となり、全員で必死に勝ちにいきたい。
 本日も応援ありがとうございました。

要約レポート

 地元でのホームゲームに勝って首位に返り咲きたいJTサンダーズと、ファイナル6進出のために是が非でもポイントを勝ち取りたい東レアローズとの一戦。
 JTは序盤から越川、八子のパワフルなスパイクなどで流れをつかむ。そしてヴィソットがスパイクやブロックにわたり活躍して第1、第2セットを連取した。東レは冨松のクイックやブロックで反撃するも、JTが粘りを見せて、東レのミスを誘うかたちとなり、流れを渡さなかった。
 第3セット、後がなくなった東レはボヨビッチや星野にボールを集め、流れを変えようと試みた。終盤までもつれる展開となったが、JTは町野がブロックを決め、そのままの勢いで東レの反撃を封じ込めた。
 地元の大声援に後押しされたJTは貴重な1勝をあげ,首位を奪還した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 佐賀野 健