V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
367
[開催日]
2015/02/08
[会場]
小瀬スポーツ公園体育館
[観客数]
1,157
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:56
[試合時間]
1:56
[主審]
浅井 唯由
[副審]
村上 成司

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 福田 誉
通算ポイント: 9
通算: 2勝15敗
1

ポイント
0
25 第1セット
【28】
23 3

ポイント
3
19 第2セット
【26】
25
16 第3セット
【24】
25
21 第4セット
【29】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 27
通算: 10勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1セットは、良い形でゲームに入っていけたと思う。第2、3セットは、サイドアウトで相手のブロック、ディフェンスに苦しめられセットを失ってしまった。
 まだ、試合は続くので総力戦で戦っていきたい。
 雪の中、本日も応援ありがとうございました。

25 衛藤
(長友)
手塚
(盛重)

()
白岩
(井上)
23
ミルシェフ
()
高橋
(竹浪)
イゴール
()
内山
()
山本(将)
()
橋本
()
高松
(古賀(太))
傳田
()
橘(裕) リベロ 古賀(幸)
19 衛藤
()
手塚
()

()
白岩
(岡本)
25
ミルシェフ
(玉宅)
高橋
(竹浪)
イゴール
()
内山
()
山本(将)
(高志保)
橋本
(鈴木(頌))
高松
()
傳田
()
橘(裕) リベロ 古賀(幸)
16 衛藤
()
手塚
()

()
白岩
(井上)
25
ミルシェフ
(玉宅)
高橋
(長友)
イゴール
()
内山
()
山本(将)
()
鈴木(頌)
()
高松
(古賀(太))
傳田
()
橘(裕) リベロ 古賀(幸)
21 衛藤
()
手塚
(盛重)

()
白岩
()
25
高橋
()
ミルシェフ
(竹浪)
イゴール
()
内山
()
山本(将)
()
鈴木(頌)
(長友)
高松
()
傳田
()
橘(裕) リベロ 古賀(幸)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 我々にとって非常に大きな勝利であり、結果に満足している。
 相手はリーグ順位以上に力があり、決して諦めない姿勢でプレーしてくるチーム。そこを相手に第1セットは取られたものの、第2セット以降は、自分たちを信じ、よく戦ってくれた。
 過去数試合、あと一歩の所で勝ちを逃していたが、今日勝ったことで奮起し、今後の大切な試合に繋げていきたい。
 本日も温かいご声援ありがとうございました。

要約レポート

 ともに前日の試合で敗北を喫したチーム同士の戦い。残り5試合となり、1つも落とせない厳しい状況に追い込まれている現在8位FC東京は第1セット、ミルシェフと山本の活躍で25−23と接戦をものにした。
 現在4位の豊田合成トレフェルサは、6本のサーブミスと相手の2本のサービスエースで1セットを奪われたものの、2セット目以降は、ブロックが機能し始め、イゴールの高い打点のアタック、近、傳田の速攻、高松の切れのあるアタックが効果的に決まり、2、3、4セットを連取した。
 FC東京は第4セットにミルシェフがベンチにさがって以降、竹浪の強烈なアタックで接戦に持ち込んだものの、力及ばず敗れた。
 豊田合成は連敗を免れ、ファイナル6に向け、明るい兆しが見えた。一方、FC東京は通算成績2勝15敗となり、厳しい状況となった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 古明地 隆