V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
366
[開催日]
2015/02/08
[会場]
東京体育館
[観客数]
2,050
[開始時間]
15:05
[終了時間]
16:55
[試合時間]
1:50
[主審]
村中 伸
[副審]
澤 達大

堺ブレイザーズ

監督: 印東 玄弥
コーチ: シーグル ファン ダイク フェストイ
通算ポイント: 19
通算: 5勝12敗
1

ポイント
0
25 第1セット
【25】
22 3

ポイント
3
25 第2セット
【29】
27
16 第3セット
【24】
25
17 第4セット
【23】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 篠田 歩
コーチ: 山本 太二
通算ポイント: 22
通算: 7勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 レギュラーラウンド残り4試合全勝する覚悟を持って、全てをかけて戦い抜きます。堺ブレイザーズは応援して下さるサポーター、ファンの皆様に支えられて戦うチームです。この苦しい状態でも必死に声援を送って下さるファンの方々が、最後に笑顔でいてもらえるよう、次戦の必勝を誓います。

25 松本
()
石島
()
黒木
()
星野
(瀬戸口)
22
佐川
()
ペピチ
()
ボヨビッチ
()
藤井
(梅野)
千々木
()
出耒田
()
米山
()
富松
(鈴木)
井上 リベロ 井手
25 松本
()
石島
(内藤)
黒木
(李)
星野
()
27
佐川
()
ペピチ
()
ボヨビッチ
()
藤井
(相澤)
千々木
(伊藤)
出耒田
()
米山
()
富松
(鈴木)
井上 リベロ 井手
16 松本
()
石島
()

()
星野
()
25
佐川
()
ペピチ
(松岡)
ボヨビッチ
(梅野)
藤井
(佐野)
千々木
(伊藤)
出耒田
(横田)
米山
()
富松
()
井上 リベロ 井手
17 松本
()
石島
()

(鈴木)
星野
(瀬戸口)
25
佐川
(今村)
ペピチ
()
ボヨビッチ
()
藤井
()
伊藤
()
内藤
()
米山
()
富松
()
井上 リベロ 井手

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日の試合はポイントで並んでいる堺ブレイザーズだったので、何が何でも勝たなくてはいけない試合となった。しかし、序盤その固さからなかなか自分達のプレーが出来ず、第1セットを失ってしまった。第2セット以降、米山キャプテンがしっかりとチームをまとめ、崩れかけていたチームを立て直してくれたのが大きかった。レギュラーラウンド残り4試合全部勝つつもりで魂込めて戦っていきます。
本日もたくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 対戦成績を1勝1敗と五分の戦力の堺ブレイザーズ対東レアローズの試合。東レは昨日同様の布陣で臨むのに対し、堺は司令塔を今村から佐川に代えて臨む。
 堺・佐川は出耒田、松本を有効に活用し、東レを翻弄した。また、石島、ペピチのサーブも効果的であった。それに対し、東レは米山、星野、ボヨビッチで反撃した。また富松のブロックも要所で決まった。試合は第2セット終盤を制した東レに流れが変わった。第3セットは流れを掴んだ東レが圧勝した。しかし、第4セット序盤、堺は司令塔を今村に戻し、粘り強く東レに襲い掛かった。東レは我慢強く攻撃を続け、追いすがる堺を突き放し、勝利を手に入れた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 柴田 等