V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
361
[開催日]
2015/02/07
[会場]
東京体育館
[観客数]
1,435
[開始時間]
14:00
[終了時間]
16:04
[試合時間]
2:04
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
田中 昭彦

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 佐藤 和哉
通算ポイント: 24
通算: 9勝7敗
2

ポイント
1
19 第1セット
【23】
25 3

ポイント
2
25 第2セット
【24】
18
15 第3セット
【22】
25
25 第4セット
【29】
23
11 第5セット
【14】
15

【 】内はセット時間

ジェイテクトSTINGS

監督: 寺嶋 大樹
コーチ: 増成 一志
通算ポイント: 18
通算: 7勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

 全体を通して安定したプレーが出来なかった。第4セットは苦しい展開だったが、終盤よく追い上げてくれた。第1、3、5セットはスタートが悪すぎた。
 本日も温かいご声援ありがとうございました。

19 傳田
()
高松
()
松崎
()
浅野
()
25
内山
()
イゴール
()
エルナンデス
()
高橋(慎)
(古田)
白岩
(黒澤)

()
高橋(和)
()
金丸
()
古賀(幸) リベロ 興梠
25 傳田
()
高松
()
エルナンデス
()
松崎
(辰巳)
18
内山
()
イゴール
()
高橋(和)
()
浅野
()
白岩
()

()
金丸
()
高橋(慎)
(古田)
古賀(幸) リベロ 興梠
15 傳田
(岡本)
高松
()
エルナンデス
()
辰巳
()
25
内山
(前田)
イゴール
()
高橋(和)
()
浅野
()
白岩
(井上)

()
金丸
()
高橋(慎)
(松崎)
古賀(幸) リベロ 興梠
25 内山
(井上)
傳田
(岡本)
高橋(和)
()
エルナンデス
()
23
白岩
()
高松
()
金丸
()
辰巳
()

()
イゴール
()
高橋(慎)
(松崎)
浅野
()
古賀(幸) リベロ 興梠
11 内山
(井上)
傳田
(山田)
金丸
()
高橋(和)
()
15
白岩
(岡本)
高松
()
高橋(慎)
(松崎)
エルナンデス
()

()
イゴール
()
浅野
()
辰巳
()
古賀(幸) リベロ 興梠

監督コメント

 第1セットからバランスの良い攻撃で高いサイドアウト率を保っていたが、第2セットは自チームの失点からなかなかリズムに乗ることが出来なかった。第4セット、先行しながら最後は連続失点でセットを失う場面があり、課題が残った。第5セット、全員が集中し勝ちに行けたことは明日に繋がる試合だったと思う。
 本日も沢山の応援ありがとうございました。明日も引き続きご声援の程、宜しくお願いします。

要約レポート

 V・レギュラーラウンド最終レグに入り、1つでも順位を上げたい豊田合成トレフェルサとジェイテクトSTINGSの戦い。今季の対戦成績は1勝1敗で互角、十分に両者とも手の内を知っている同士の対戦となった。
 豊田合成の司令塔・内山はイゴールを中心に、高松、白岩でジェイテクトに立ち向かう。それに対し、ジェイテクトは高橋(慎)の巧みなトスワークでエルナンデス、高橋(和)を使い、豊田合成を翻弄する。試合はスタートダッシュに成功したチームがそのセットを取った。第4セットこそ一進一退を繰り返したが、勝敗を決めた最終セットも序盤リードを奪ったジェイテクトが、追いすがる豊田合成を振り切り勝利を手に入れた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 柴田 等