V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
359
[開催日]
2015/02/01
[会場]
北九州市立総合体育館
[観客数]
3,280
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:58
[試合時間]
1:58
[主審]
山本 晋五
[副審]
石井 洋壮

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 23
通算: 9勝6敗
1

ポイント
0
25 第1セット
【28】
22 3

ポイント
3
20 第2セット
【27】
25
18 第3セット
【25】
25
23 第4セット
【29】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

堺ブレイザーズ

監督: 印東 玄弥
コーチ: シーグル ファン ダイク フェストイ
通算ポイント: 19
通算: 5勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 コンディションが上がらない中、良い戦いができたが、あと一歩及ばなかった。今後もこの調子を保ち、コンディションを戻していくことで、良い結果に繋げていきたい。
 本日も温かいご声援ありがとうございました。

25 高松
()
イゴール
()
出耒田
()
千々木
()
22

()
傳田
()
ペピチ
()
今村
()
内山
()
白岩
()
石島
()
松本
(内藤)
古賀(幸) リベロ 井上
20 イゴール
()
傳田
()
出耒田
()
千々木
()
25
高松
(岡本)
白岩
(新井)
ペピチ
()
今村
()

()
内山
(山近)
石島
()
松本
()
古賀(幸) リベロ 井上
18 岡本
()
イゴール
()
出耒田
()
千々木
()
25

()
傳田
()
ペピチ
()
今村
()
内山
(前田)
白岩
(山田)
石島
()
松本
()
古賀(幸) リベロ 井上
23
(高松)
岡本
()
出耒田
()
千々木
()
25
内山
()
イゴール
()
ペピチ
()
今村
()
白岩
(山田)
傳田
()
石島
(内藤)
松本
()
古賀(幸) リベロ 井上

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 連敗している中で、苦しくても現実から目を背けずに仲間を信じ、強くなる事だけを考えてきた事が第3レグの初戦の勝利に繋がった。我慢しながら戦った選手たちに祝福したい。千々木が攻守において高いレベルのパフォーマンスを見せてくれた成長が嬉しい。
 北九州ホームゲームで多くのファン、サポーターの方々と勝利の瞬間を分かち合えて嬉しく思います。2日間の熱い応援、どうもありがとうございました。

要約レポート

 ともに第2レグを負け越し、何としても第3レグの初戦を白星で飾りたい堺ブレイザーズと豊田合成トレフェルサの一戦。
 第1セット、両チームとも気迫のこもったプレーが続き、この一戦にかける思いがうかがえる。豊田合成がリードしては堺が追いつくという展開が続くが、終盤、豊田合成がイゴールのアタックと傳田のブロックで点数を重ねて逃げ切った。
 第2セット、堺は石島と千々木のバックアタックを絡めた攻撃からリズムに乗り、このセットを奪うと、続く第3セットもその勢いのまま、2人のレフトからの攻撃が有効に決まり、一度もリードを許さず連取する。
 第4セットは一転、終盤まで一点を争う緊迫した展開となる。堺は出耒田の速攻、豊田合成はイゴールのアタックでリードを図るが点差は開かず、最後は豊田合成にミスが続き、堺がこのセットを奪い勝利した。
 ホームゲームで勝利をあげたい堺の気迫が前面に出た試合で、第2レグからの連敗を4で止める嬉しい勝利となった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 高松幸一