V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
355
[開催日]
2015/01/31
[会場]
北九州市立総合体育館
[観客数]
3,578
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:27
[試合時間]
1:27
[主審]
塚本 健
[副審]
千代延 靖夫

パナソニックパンサーズ

監督: 川村 慎二
コーチ: 真保 綱一郎
通算ポイント: 26
通算: 9勝5敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【26】
22 0

ポイント
0
25 第2セット
【28】
22
25 第3セット
【27】
22
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

堺ブレイザーズ

監督: 印東 玄弥
コーチ: シーグル ファン ダイク フェストイ
通算ポイント: 16
通算: 4勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1セットからブロックとディフェンスの連携がしっかり取れ、良いリズムができた。少し相手のサーブで崩される場面もあったが、選手たちがよく踏ん張り、頑張ってくれた。
 明日も今日のような流れで、バレーを展開していきたい。
 ご声援ありがとうございました。

25 清水
()
山添
()
横田
(出耒田)
伊藤
()
22
渡辺
()
福澤
(チアーゴ)
ペピチ
()
今村
()
白澤
(ブロックソム)
深津
(田城)
石島
()
松本
()
谷村 リベロ 井上
25 渡辺
(チアーゴ)
清水
()
ペピチ
(松岡)
横田
()
22
白澤
(ブロックソム)
山添
()
石島
()
伊藤
(千々木)
深津
(田城)
福澤
()
松本
()
今村
()
谷村 リベロ 井上
25 清水
()
山添
(田城)
横田
(出耒田)
千々木
()
22
渡辺
()
福澤
()
松岡
(ペピチ)
今村
()
白澤
(ブロックソム)
深津
(池田)
石島
()
松本
()
谷村 リベロ 井上

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 全セットとも序盤から、相手ブロックにより点差が開き、それを追う展開となった。ライト側からの攻撃の決定率が低く、相手にプレッシャーを与えきれない部分を、早急に改善しなくてはならない。
 北九州は第2のホームということで、多くのファン、サポーターの方々に後押ししていただきましたが、ご期待に応えられず、申し訳ありませんでした。明日は再び勝利を目指して戦い抜きます。応援ありがとうございました。

要約レポート

北九州でのホームゲームで勢いをつけたい堺ブレイザーズと、2連勝中のパナソニックパンサーズの一戦。
 第1セット、パナソニックが福澤・山添の連続ブロック、深津のサービスエースでリードを広げる。一方堺は、終盤ペピチにボールを集め、連続ポイントで追い上げるがわずかに届かず、パナソニックが先取する。
 続く第2セットも、パナソニックは深津の早いトスから次々とスパイクを決め、優位に試合を進める。堺も流れを変えようと、松本・横田の速攻を中心に攻撃を組み立てるが追いつくことができず、パナソニックが連取する。
 第3セット、パナソニックは清水のアタックなどで、序盤からリードする。後のない堺は、ペピチや石島のバックアタックで必死に追いすがるが、最後は清水のバックアタックが決まったパナソニックが勝利し、第2レグを3連勝でしめくくった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 高松幸一