V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
354
[開催日]
2015/01/31
[会場]
刈谷市総合運動公園体育館(ウィングアリーナ刈谷)
[観客数]
1,600
[開始時間]
16:06
[終了時間]
17:29
[試合時間]
1:23
[主審]
グレッグ ルーオー
[副審]
田野 昭彦

ジェイテクトSTINGS

監督: 寺嶋 大樹
コーチ: 豊田 昇平
通算ポイント: 16
通算: 6勝8敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【25】
19 0

ポイント
0
25 第2セット
【27】
22
25 第3セット
【25】
20
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 福田 誉
通算ポイント: 8
通算: 2勝12敗

( )内は交代選手

監督コメント

 FC東京の強いサーブに対して崩される場面があったが、興梠を中心として粘り強く我慢してくれた。1セット目から高橋(慎)がトスを散らし、高いサイドアウト率を残せたことが勝利の要因と思う。
 地元刈谷で勝利を収められたこと、大変嬉しく思います。大応援団の声援を力に変え、明日も引き続き勝利できるよう、しっかりと準備していきたい。
 本日はたくさんのご声援、ありがとうございました。

25 金丸
()
高橋(和)
()
衛藤
(長友)
手塚
()
19
高橋(慎)
(古田)
エルナンデス
()
竹浪
(高橋)
山岡
(西尾)
浅野
(角田)
松崎
(松原)
山本(将)
()
橋本
()
興梠 リベロ 橘(裕)
25 高橋(慎)
(古田)
金丸
()
衛藤
()
手塚
(盛重)
22
角田
(松原)
高橋(和)
()
竹浪
(高橋)
山岡
(ミルシェフ)
松崎
(辰巳)
エルナンデス
()
山本(将)
()
橋本
()
興梠 リベロ 橘(裕)
25 金丸
()
高橋(和)
()
衛藤
(長友)
山本(将)
()
20
高橋(慎)
(古田)
エルナンデス
()
ミルシェフ
(高橋)
山岡
(西尾)
角田
()
松崎
(辰巳)
盛重
()
橋本
()
興梠 リベロ 橘(裕)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 先週の試合を終えて、コンディションが上がらない中で試合を迎え不安はあったが、長いリーグ戦の中で苦しい状態の時もあるので、そういう時にどう戦うかがチームとしての課題だと思う。勝つためにブレイクしなければならないが、気持ちよく相手のセッターにトスを上げさせる状況を作ってしまった。2セット目に掛けて修正できたが、終盤にミスが出たことが良くない。
 本日も応援ありがとうございました。明日から3レグスタートとなりますので、引き続きご声援をお願い致します。

要約レポート

 第1セット、ジェイテクトSTINGSの高橋(和)とエルナンデスの左右からのアタックが思うように決まり流れを掴む。終盤には3連続ブロックでFC東京を突き放した。
 第2セット、ジェイテクトは金丸のクイックとエルナンデスのコースを打ち分けたアタックで、徐々にリードを広げる。FC東京は中盤、エルナンデスをブロックで捕まえ始めて追いつくものの、勢いづく場面でミスが出てジェイテクトが連取した。
 第3セット、FC東京はミルシェフにトスを集め、一進一退のゲームを繰り広げるが、ジェイテクト 角田の攻守にわたった活躍もあり、ストレートで勝利し、3連勝を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 井村 幸二