V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
351
[開催日]
2015/01/25
[会場]
高知県立県民体育館
[観客数]
1,000
[開始時間]
12:00
[終了時間]
14:15
[試合時間]
2:15
[主審]
塚本 健
[副審]
山本 和良

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 徳元 幸人
通算ポイント: 32
通算: 10勝3敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【22】
16 2

ポイント
1
22 第2セット
【27】
25
25 第3セット
【27】
21
25 第4セット
【32】
27
15 第5セット
【15】
13

【 】内はセット時間

堺ブレイザーズ

監督: 印東 玄弥
コーチ: シーグル ファン ダイク フェストイ
通算ポイント: 16
通算: 4勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

一進一退の攻防が続いた素晴らしい試合だった。プレッシャーもあったのか、互いにミスの続く時間帯もあったが、最後は勝利を信じて最後まで戦い続けた選手たちには心からおめでとうと言いたい。今週は重要な2試合だったが、勝ち点5を取ることができた事は素晴らしい結果だと思う。高知のファンの皆様、皆さんのご声援のおかげで2連勝を飾ることができました。ありがとうございました。

25 町野
()
越川
()
ペピチ
(松岡)
出耒田
()
16
深津
()
ヴィソット
()
石島
()
伊藤
(千々木)
八子
()
筧本
()
松本
()
今村
()
酒井 リベロ 井上
22 町野
()
越川
()
横田
()
伊藤
()
25
深津
()
ヴィソット
()
松岡
()
今村
()
八子
()
筧本
()
石島
()
松本
()
酒井 リベロ 井上
25 町野
()
越川
()
横田
()
伊藤
()
21
深津
()
ヴィソット
()
松岡
()
今村
()
八子
(小澤)
筧本
()
石島
()
松本
(内藤)
酒井 リベロ 井上
25 町野
()
越川
()
松岡
()
横田
()
27
深津
()
ヴィソット
()
石島
(内藤)
伊藤
()
小澤
()
筧本
()
松本
(出耒田)
今村
()
酒井 リベロ 井上
15 町野
()
越川
()
横田
()
伊藤
()
13
深津
()
ヴィソット
()
松岡
()
今村
()
小澤
()
筧本
()
石島
()
松本
()
酒井 リベロ 井上

監督コメント

ブロックとフロアディフェンスはようやく形が整いつつある。タフな試合が続いても、選手は気持ちを高めて戦ってくれている。手術から戻ってきた選手、若い松岡や出来田など、選手の成長がチームにとって不可欠であるので、何度はね返されても日本人選手の奮闘を期待している。勝負所でのヴィソット、越川のハードサーブを打つメンタリティが素晴らしかった。両チームとも良いプレーがたくさんあった。2日間、堺ブレイザーズへの応援ありがとうございました。

要約レポート

第1セット、JTサンダーズは序盤から終始リードを保つ。堺ブレイザーズはサイド攻撃で抵抗するも及ばすJTが先取する。
第2セット、堺は松岡を中心とした攻撃で、JTは町野のブロックなどでともに譲らず、終盤までもつれる展開となったが、最後はJTのミスが出て堺がこのセットを取った。
第3セット、JTのヴィソットが本来の調子を取り戻し、リードをする。堺は伊藤の攻撃で追い上げるが、追いつかずJTがこのセットを取った。
第4セット、堺は石島、JTは筧本の活躍で一歩も引かない緊迫したセットとなったが、最後は堺がこのセットを取った。
第5セット、JTは越川のサーブで流れをつかみ、小澤のスパイクにつなげ、堺をリードし、勝利を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 島村伊成