V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
348
[開催日]
2015/01/24
[会場]
高知県立県民体育館
[観客数]
1,350
[開始時間]
15:10
[終了時間]
17:19
[試合時間]
2:09
[主審]
国頭 亮太
[副審]
塚本 健

ジェイテクトSTINGS

監督: 寺嶋 大樹
コーチ: 豊田 大樹
通算ポイント: 10
通算: 4勝8敗
3

ポイント
2
17 第1セット
【23】
25 2

ポイント
1
22 第2セット
【29】
25
25 第3セット
【26】
23
25 第4セット
【23】
17
15 第5セット
【16】
10

【 】内はセット時間

堺ブレイザーズ

監督: 印東 玄弥
コーチ: シーグル ファン ダイク フェストイ
通算ポイント: 15
通算: 4勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

1セット目サーブレシーブが安定せず苦しい立ち上がりであった。
2セット目以降高橋(和)、興梠のサーブレシーブが安定し、ウイングスパイカーの決定率が上がってきたことで、大逆転の末、勝利を収めることができた。本日も多くのご声援ありがとうございます。明日も引き続き、ご声援の程よろしくお願い致します。

17 高橋(慎)
()
金丸
()
出耒田
()
千々木
()
25
浅野
()
高橋(和)
()
ペピチ
()
佐川
()
松崎
(松原)
エルナンデス
()
石島
()
松本
()
興梠 リベロ 井上
22 金丸
()
浅野
()
出耒田
()
千々木
(伊藤)
25
高橋(慎)
(角田)
エルナンデス
()
ペピチ
()
佐川
(今村)
高橋(和)
()
松崎
(松原)
石島
()
松本
()
興梠 リベロ 井上
25 高橋(慎)
(角田)
金丸
()
出耒田
()
千々木
(伊藤)
23
高橋(和)
()
浅野
()
ペピチ
()
今村
()
松崎
(松原)
エルナンデス
()
石島
()
松本
()
興梠 リベロ 井上
25 金丸
()
浅野
()
出耒田
()
伊藤
(千々木)
17
高橋(慎)
(角田)
エルナンデス
()
ペピチ
()
今村
(佐川)
高橋(和)
()
松崎
(松原)
石島
()
松本
()
興梠 リベロ 井上
15 金丸
()
浅野
()
千々木
()
今村
()
10
高橋(慎)
(角田)
エルナンデス
()
出耒田
()
松本
()
高橋(和)
()
松崎
(松原)
ペピチ
()
石島
()
興梠 リベロ 井上

監督コメント

外国籍選手がチーム総打数の半分以上を打つというスタイルから、戦術を組み立て、どのポジションの選手も責任を大きくして、リスクのあることにも挑戦している。そのように戦うのは大変であるが、乗り越えたら必ず強くなると思う。チームは家族と同様でこの苦しい状況こそ、チームメイトを信じて、次の相手に向かって行きます。高知でもたくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、堺ブレイザーズは、松本のブロックを足掛かりにリードを保つ。ジェイテクトSTINGSはサイド攻撃で抵抗するも及ばず堺が先取する。
 第2セット、ジェイテクトはエルナンデス、高橋(和)のスパイクでリードを奪う。堺はリベロ井上のレシーブを起点に逆転に成功する。今村、石島のブロックも出て2セットを連取する。
 第3セット、ジェイテクトは、高橋(慎)の多彩なトスから攻撃陣が奮起する。堺は石島のバックアタックで抵抗するが、ジェイテクトもエルナンデスが奮闘し、このセットを奪い返す。
 第4セット、ジェイテクトは浅野がサーブ、スパイクに大活躍をする。堺はミスが続き、このセットもジェイテクトが連取する。
 第5セット、勢いに乗るジェイテクトは終始・堺をリードし、逆転勝利を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 酒井一俊