V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
345
[開催日]
2015/01/24
[会場]
墨田区総合体育館
[観客数]
1,700
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:27
[試合時間]
1:27
[主審]
阿部 広太郎
[副審]
浅井 唯由

パナソニックパンサーズ

監督: 川村 慎二
コーチ: 真保 綱一郎
通算ポイント: 21
通算: 7勝5敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【25】
23 0

ポイント
0
27 第2セット
【31】
25
25 第3セット
【25】
21
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 福田 誉
通算ポイント: 7
通算: 2勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 終始攻撃的に攻めることが出来た。サーブで崩される場面もあったが、全員でカバーし、勝てることが出来た。
 また、メンバーチェンジで入った選手も良い役割をしてくれた。明日も全員で頑張りたい。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

25 深津
(田城)
白澤
(池田)
手塚
(盛重)
山岡
(西尾)
23
福澤
()
渡辺
()
衛藤
(長友)
橋本
()
枩田
(ブロックソム)
清水
()
ミルシェフ
()
山本(将)
()
谷村 リベロ 橘(裕)
27 深津
(田城)
白澤
(山添)
手塚
(盛重)
山岡
()
25
福澤
()
渡辺
()
衛藤
()
橋本
(長友)
枩田
(ブロックソム)
清水
()
ミルシェフ
()
山本(将)
()
谷村 リベロ 橘(裕)
25 白澤
(山添)
渡辺
()
衛藤
()
手塚
(盛重)
21
深津
(田城)
清水
()
ミルシェフ
(竹浪)
山岡
()
福澤
()
枩田
()
山本(将)
()
橋本
(長友)
谷村 リベロ 橘(裕)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 フィニッシュのところで差が出た。第2セットの最後を引きずって次のセットに入ってしまったのが敗因だと思う。途中まではサイドアウトを取れていたし、あとはラリーを取るかだと思う。
 ホームゲームでたくさんの方に応援いただきありがとうございました。明日こそ勝利できるよう、引き続き応援をよろしくお願いします。

要約レポート

 第1セット、パナソニックパンサーズは渡辺、白澤、清水、FC東京はミルシェフ、手塚のアタックで両者相譲らないままゲームが進む。中盤、パナソニックは清水、福澤のアタックで抜け出す。FC東京も手塚、ミルシェフのアタックで追い上げるが、パナソニック・渡辺の切れのあるアタックが決まりセットを取る。
 第2セットも前のセット同様、FC東京は山本、ミルシェフ、パナソニックは白澤、清水のアタックで一進一退でゲームが進む。終盤、FC東京が、橋本のブロックで逆転、ミルシェフのサーブポイントでリードを広げたが、パナソニックは、ブロックソムのサーブで相手を崩し、清水のブロック、力強いアタックで追いつきデュースとなり、最後は白澤のブロックでセットを連取する。
 第3セット、序盤パナソニックが渡辺、白澤、福澤のアタックでリードする。FC東京もミルシェフ、山本(将)、竹浪のアタックで応戦し、中盤、衛藤のブロック、手塚のサービスポイントで追いつき、山本(将)のアタックで一時は逆転する。しかし、パナソニックは福澤の力強いアタックとブロックで再度逆転し勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 塚本 健二