V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
341
[開催日]
2015/01/18
[会場]
小牧市スポーツ公園総合体育館(パークアリーナ小牧)
[観客数]
1,035
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:27
[試合時間]
1:27
[主審]
戸川 太輔
[副審]
山本 晋五

東レアローズ

監督: 篠田 歩
コーチ: 山本 太二
通算ポイント: 12
通算: 4勝7敗
0

ポイント
0
26 第1セット
【29】
28 3

ポイント
3
18 第2セット
【24】
25
24 第3セット
【28】
26
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 福田 誉
通算ポイント: 7
通算: 2勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合は終始受け身にまわってしまい落としてしまったゲームでした。特に第1セットはチャンスボールなどの処理を自ら難しいボールにしてしまい、点数を取る機会を逃してしまった点はチームにとって痛かったです。これからチームが上がっていくためには一人ひとりの強い気持ちが本当に大事になってきます。その気持ちを作っていくように準備していきます。
 本日も沢山の応援、ありがとうございました。

26 富松
()
星野
(米山)
衛藤
(長友)
手塚
(盛重)
28
梅野
(伏見)
ボヨビッチ
()
ミルシェフ
()
山岡
(竹浪)
瀬戸口
()

(鈴木)
山本(将)
()
橋本
()
井手 リベロ 橘(裕)
18 富松
()
星野
(鈴木)
衛藤
()
手塚
()
25
梅野
()
ボヨビッチ
()
ミルシェフ
()
山岡
(竹浪)
瀬戸口
()

(伏見)
山本(将)
()
橋本
(長友)
井手 リベロ 橘(裕)
24 富松
()
星野
()
衛藤
()
手塚
()
26
藤井
(相澤)
ボヨビッチ
()
ミルシェフ
()
山岡
(竹浪)
米山
(瀬戸口)

(鈴木)
山本(将)
()
橋本
(長友)
井手 リベロ 橘(裕)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 昨日のゲームで良かった部分を更に進化させ、課題を克服し良い戦いができたと思います。第3セット中盤にリードを奪われましたが、選手達の勝ちたい気持ちが更なる集中力を生んだと思います。今日の選手達の頑張りに賞賛したいです。
 来週はホームゲームなのでいい準備をして臨みたいと思います。本日も沢山の応援、ありがとうございました。

要約レポート

 勝利者インタビューでFC東京の手塚選手は「個人的にはまだまだですが、来週連勝出来るように頑張ります」と答えた。FC東京は今シーズン2勝目も東レアローズより勝ち取った。
 FC東京は、 手塚・ミルシェフが上がってくるボールをどんな状況でも打ち切ったのが勝因だろう。特に第1セット19−14とリードしていて20−21と逆転を許した場面で、何とか拾って繋いだボールをこの2人が打ち切って競り勝ったのが、後の第2セット・第3セットを奪う原動力になった。
 敗れた東レは第1セット序盤にチャンスボールの処理を2度失敗し、そこから自分たちのリズムを作りきれず苦しんだ。中盤に最大5点差を追いつき、追い越したにも関わらず最終的に競り負けたのが象徴的だった。第3セットはスタメンを入れ替えるなどしたが、最後まで自分達のリズムで試合をすることができなかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 大津 聡