V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
335
[開催日]
2015/01/11
[会場]
宮崎県体育館
[観客数]
2,012
[開始時間]
13:07
[終了時間]
15:02
[試合時間]
1:55
[主審]
塚本 健
[副審]
山本 晋五

パナソニックパンサーズ

監督: 川村 慎二
コーチ: 真保 綱一郎
通算ポイント: 17
通算: 6勝3敗
1

ポイント
0
22 第1セット
【27】
25 3

ポイント
3
25 第2セット
【24】
17
28 第3セット
【32】
30
16 第4セット
【23】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

ジェイテクトSTINGS

監督: 寺嶋 大樹
コーチ: 豊田 昇平
通算ポイント: 8
通算: 3勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1セットから、相手チームのサーブに苦しめられ、リズムがつくれなかった。また、相手のディフェンスが良く、こちらのスパイクを決めきれなかった。
 本日の課題を来週に持ち込まないようしっかりと調整したい。
 たくさんのご声援ありがとうございました。

22 白澤
()
渡辺
()
古田
()
エルナンデス
()
25
深津
(池田)
清水
()
金丸
()
松崎
(松原)
福澤
(谷村)
山添
()
高橋(慎)
(角田)
高橋(和)
()
永野 リベロ 興梠
25 深津
()
白澤
()
エルナンデス
()
松崎
(辰巳)
17
福澤
(谷村)
渡辺
()
古田
()
高橋(和)
(浅野)
山添
()
清水
()
金丸
()
高橋(慎)
(久保山)
永野 リベロ 興梠
28 深津
(池田)
白澤
()
辰巳
()
浅野
()
30
福澤
(谷村)
渡辺
()
エルナンデス
()
高橋(慎)
(松崎)
山添
()
清水
()
古田
(高橋(和))
金丸
()
永野 リベロ 興梠
16 深津
()
白澤
()
辰巳
()
浅野
()
25
福澤
(谷村)
渡辺
()
エルナンデス
()
高橋(慎)
()
山添
()
清水
()
古田
(高橋(和))
金丸
()
永野 リベロ 興梠

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 各選手が個々の役割を理解し、持てる力をすべて発揮でき勝利を挙げることができた。サーブで崩し攻守の切りかえが効率よく機能したことが勝因と考えている。
 2日間、遠方にも関わらず、たくさんの応援ありがとうございました。引き続きご声援の程よろしくお願い致します。

要約レポート

 2レグ、白星スタートを切ったパナソニックパンサーズと巻き返しを図りたいジェイテクトSTINGSとの一戦。
 第1セット、序盤ジェイテクトはエルナンデスのサーブ、スパイクが決まる。一方、パナソニックは、追いつくもミスが出て引き離される展開。終盤もジェイテクトのサーブが冴え、第1セットを先取する。
 第2セット、パナソニックは、序盤よりクイックを多用しリズムをつかむと、中盤も福澤のサービスエースで得点を積み重ねる。一方ジェイテクトはサーブで崩し追いつこうとするが、ミスが出て、パナソニックが取り返す。
 第3セット、序盤から終盤まで一進一退の攻防で好ゲームとなった。最後はデュースにもつれ込み、ジェイテクトの古田、金丸のスパイクが決まりこのセットをものにする。
 第4セット、ジェイテクトがスタートからリズムよく得点を積み重ねる。追いすがるパナソニックは清水のスパイクで応戦するも、ジェイテクトのエルナンデス、古田のスパイクが決まり試合を締めくくった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 小松 祐一