V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
331
[開催日]
2015/01/10
[会場]
日南総合運動公園多目的体育館
[観客数]
1,516
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:57
[試合時間]
1:57
[主審]
山本 晋五
[副審]
塚本 健

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 15
通算: 6勝2敗
1

ポイント
0
25 第1セット
【30】
22 3

ポイント
3
21 第2セット
【28】
25
21 第3セット
【28】
25
18 第4セット
【22】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

パナソニックパンサーズ

監督: 川村 慎二
コーチ: 真保 綱一郎
通算ポイント: 17
通算: 6勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1セットはチーム全体にキレがあったが、第2セット以降はキレを失ってしまった。パナソニックを相手に、キレを欠いた状態での勝利は難しかった。第2セット以降、点差を離されてしまったことで、大きなチャンスなく3セット連続で落としてしまった。
 本日も温かいご声援ありがとうございました。

25 白岩
()
内山
(井上)
深津
(池田)
白澤
()
22

()
山近
(岡本)
福澤
(谷村)
渡辺
()
イゴール
()
高松
()
山添
()
清水
()
古賀(幸) リベロ 永野
21 山近
(岡本)
高松
()
山添
()
福澤
(谷村)
25
内山
(井上)
イゴール
()
清水
()
深津
(池田)
白岩
()

(黒澤)
渡辺
()
白澤
(日高)
古賀(幸) リベロ 永野
21 傳田
()
高松
(岡本)
清水
()
山添
()
25
内山
()
イゴール
()
渡辺
()
福澤
()
白岩
(井上)

(黒澤)
白澤
(日高)
深津
(池田)
古賀(幸) リベロ 永野
18 内山
()
傳田
()
山添
(池田)
福澤
(谷村)
25
白岩
(井上)
岡本
()
清水
()
深津
()

(山近)
イゴール
()
渡辺
()
白澤
(田城)
古賀(幸) リベロ 永野

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 第1セット、サーブで攻められ、リズムを作る事が出来ずセットを落としてしまったが、第2セット以降こちらのミスも少なくなり、サーブで攻めることができた。
 2015年、いいスタートになったと思う。明日もしっかりと頑張っていきたい。本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

要約レポート

 本日から始まった2レグの初戦。2位の豊田合成トレフェルサと3位のパナソニックパンサーズの対戦。
 第1セット、中盤までお互い譲らずシーソーゲームとなる。中盤以降、豊田合成は高松のサービスエースや粘り強い守りで抜け出し、一方パナソニックは清水のアタックなどで反撃するが、豊田合成が先取する。
 第2セット序盤、パナソニックはセッター深津がアタッカーを有効に使い、リードする。豊田合成はイゴールにボールを集め得点を重ねるもパナソニックがこのセットを取る。
 第3セット、パナソニックは清水、福澤のアタックによりリードを広げると、渡辺もアタックやレシーブなど要所で活躍。一方豊田合成は、このセットから入った傳田のクイックが冴えたが、パナソニックがセットを連取。
 第4セットもパナソニックがリードする展開となり、豊田合成は岡本、井上のアタックなどで踏ん張るが、パナソニックが総合力の高さで上回り、3−1で勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 渡邊 琢磨