V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
321
[開催日]
2014/12/20
[会場]
三島市民体育館
[観客数]
1,150
[開始時間]
14:00
[終了時間]
16:09
[試合時間]
2:09
[主審]
田野 敏彦
[副審]
西中野 健

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 福田 誉
通算ポイント: 1
通算: 0勝6敗
2

ポイント
1
14 第1セット
【22】
25 3

ポイント
2
25 第2セット
【26】
23
27 第3セット
【33】
25
16 第4セット
【22】
25
6 第5セット
【14】
15

【 】内はセット時間

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 12
通算: 5勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 セットは取ったものの3セット目に点を取りきれず、チームとして機能していなかった部分が4セット目に出てしまった。
 5セット目の自チームのアタック決定率が上がらない状況で、チームとしてより精度を高く得点しなければいけないと感じた。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。
 明日も引き続き宜しくお願いします。

14 鈴木(頌)
()
山本(将)
(長友)
高松
()
イゴール
()
25
山岡
(竹浪)
ミルシェフ
(高橋)

()
山近
()
手塚
(盛重)
衛藤
()
内山
()
白岩
(岡本)
橘(裕) リベロ 古賀(幸)
25 鈴木(頌)
()
山本(将)
()
イゴール
()
山近
()
23
山岡
(橋本)
ミルシェフ
()
高松
(古賀(太))
白岩
(岡本)
手塚
(盛重)
衛藤
(高志保)

()
内山
(井上)
橘(裕) リベロ 古賀(幸)
27 鈴木(頌)
()
山本(将)
()
高松
(古賀(太))
イゴール
(前田)
25
山岡
(竹浪)
ミルシェフ
()

()
山近
()
手塚
(盛重)
衛藤
(長友)
内山
(井上)
白岩
()
橘(裕) リベロ 古賀(幸)
16 鈴木(頌)
()
山本(将)
()
イゴール
()
山近
()
25
山岡
()
ミルシェフ
(竹浪)
高松
(古賀(太))
白岩
()
手塚
(盛重)
衛藤
(長友)

()
内山
()
橘(裕) リベロ 古賀(幸)
6 鈴木(頌)
(長友)
山本(将)
()
イゴール
()
山近
()
15
山岡
()
ミルシェフ
()
高松
()
白岩
()
手塚
()
衛藤
()

()
内山
()
橘(裕) リベロ 古賀(幸)

監督コメント

 勝ち取ったセットはすべて大きな問題もなくゲームをうまくコントロールできた。
 一方、2点差で落とした第2セットは中盤に大きく離されたのが結果に繋がってしまった。
 第3セットは終盤の3つのミスによって勝ちを逃してしまった。
 本日も温かいご声援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、序盤FC東京はミルシェフのアタックでリードする。豊田合成トレフェルサはイゴールのアタック、ブロックで徐々に点数を重ねた。FC東京は山本(将)、盛重のサーブレシーブが成功していたが、得点に繋げることができなかった。その間、豊田合成はイゴール、白岩のアタックが決まり、高松のブロックでセットを取った。
 第2セット、前半FC東京はミルシェフ、手塚の連続得点でリードする。豊田合成はイゴール、岡本のアタックで点差を縮めるが、終盤の2点差を挽回することができずFC東京がセットを取った。
 第3セットは終始拮抗した試合展開となった。FC東京は中盤、ミルシェフのサービスエース、セッター山岡の緩急をつけたトスが冴えた。豊田合成も山近のブロック、イゴールのアタックが決まったが、FC東京 山本(将)のサービスエースが流れを引き寄せてFC東京がセットを取った。
 第4セット、序盤より豊田合成がリードする展開であった。豊田合成は近、高松、山近のアタックでリードし、そのままセットを取った。
 最終第5セットは、前セットの流れのまま豊田合成 イゴールのアタックでリードし、FC東京 ミルシェフのアタックで応戦するも、豊田合成 高松のアタックで試合を決めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 辻 知幸