V・プレミアリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
583
[開催日]
2015/02/22
[会場]
川崎市とどろきアリーナ
[観客数]
1,700
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:19
[試合時間]
2:19
[主審]
明井 寿枝
[副審]
澤 達大

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算ポイント: 38
通算: 13勝8敗
3

ポイント
2
21 第1セット
【27】
25 2

ポイント
1
25 第2セット
【23】
15
25 第3セット
【27】
23
23 第4セット
【28】
25
18 第5セット
【22】
16

【 】内はセット時間

デンソーエアリービーズ

監督: 山口 祐之
コーチ: 亀山 広
通算ポイント: 20
通算: 6勝15敗

( )内は交代選手

監督コメント

 先日の攻撃のバリエーションとは見違えるような丁寧な攻めになってしまった。宮下を中心にトリッキーさがいかに出せるか、相手に応じテンポの速い攻防を繰り広げられるかがミッションである。
 最後、勝利できたことは良かったが、ほっとした時にすべてがトーンダウンする雰囲気になってしまう部分をファイナル6に向けて修正していきたい。
 2日間にわたり、温かいご声援誠にありがとうござました。

21 浅津
(宇賀神)
川島
()
井上(香)
(真柴)
石井
()
25
川畑(愛)
()
佐々木
(金田)
鍋谷
()
鈴木
()
山口
()
宮下
(泉)
ミア
()
大竹
(山田)
丸山 リベロ 佐野
25 佐々木
()
浅津
()
井上(香)
(真柴)
石井
()
15
山口
()
川島
()
鍋谷
(栄)
鈴木
(橋本)
宮下
()
川畑(愛)
()
ミア
()
大竹
()
丸山 リベロ 佐野
25 佐々木
()
浅津
()
井上(香)
(真柴)
石井
()
23
山口
(熊谷)
川島
()
鍋谷
()
鈴木
()
宮下
(泉)
川畑(愛)
(金田)
ミア
()
大竹
()
丸山 リベロ 佐野
23 佐々木
()
浅津
(泉)
井上(香)
(真柴)
石井
()
25
山口
()
川島
(宇賀神)
鍋谷
(山田)
鈴木
()
宮下
()
金田
(川畑(愛))
ミア
()
大竹
()
丸山 リベロ 佐野
18 川島
()
佐々木
()
井上(香)
(真柴)
石井
()
16
宮下
()
浅津
(熊谷)
鍋谷
()
鈴木
(橋本)
川畑(愛)
(金田)
山口
(泉)
ミア
()
大竹
()
丸山 リベロ 佐野

監督コメント

 レギュラーラウンド最終戦、なんとか勝利で終わろうとチーム一丸となって戦いました。セットを取ったり取られたりと苦しい展開でしたが、最後まで選手達は必死に戦ってくれました。なんとか望みをつなぐ1ポイントは取れました。
 レギュラーラウンドの戦いをしっかり評価、反省をして次に繋げたいと思います。
 たくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、中盤までもつれる展開となった。デンソーエアリービーズは石井のスパイク、ブロックにより連続得点をあげる。一方、岡山シーガルズは泉のスパイク、サービスエースで追い上げるもデンソーが先取した。
 第2セットは一転して岡山ペースとなった。川畑、浅津のスパイクにより出だしから流れをつかむと、宮下の的を絞らせないトスワークが冴え、終始リードのままセットを奪った。
 第3セット、デンソーはミア、岡山は佐々木の強烈なスパイクの打ち合いから始まり両者譲らない展開となった。中盤まで一進一退の展開が続くなか、デンソーは鈴木のサーブポイントを含む4連続ポイントで抜け出す。しかし岡山はリベロ丸山の好レシーブ、佐々木の強烈なスパイクが要所に出て岡山がセットを奪った。
 続く第4セットも熱戦となる。ファイナル6への望みをかけるデンソーはミアの強烈なスパイクにより得点を重ねる。両チームの好レシーブにより長いラリーが続く中、岡山は粘り強いレシーブでデンソーのミアのミスを誘い追い上げを図るが、デンソー大竹のスパイクが決まり、決着は最終セットへともつれこんだ。
 第5セット、両チーム1点ずつ得点を重ね、一歩も譲らない展開の中、デンソー井上のブロック、スパイクにより連続得点で流れをつかむ。ミア、大竹の攻撃で引き離そうとするも、岡山の粘り強い守備により再び均衡する。岡山は山口のスパイクから流れを引き戻し、最後まで集中力がきれなかった岡山が勝利をつかんだ。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 大谷 清子