V・プレミアリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
578
[開催日]
2015/02/21
[会場]
ひたちなか市総合運動公園総合体育館
[観客数]
2,458
[開始時間]
16:30
[終了時間]
17:50
[試合時間]
1:20
[主審]
村上 成司
[副審]
渡部 菜保子

日立リヴァーレ

監督: 松田 明彦
コーチ: 角田 博文
通算ポイント: 19
通算: 6勝14敗
0

ポイント
0
22 第1セット
【25】
25 3

ポイント
3
19 第2セット
【27】
25
17 第3セット
【22】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 加藤 陽一
通算ポイント: 46
通算: 17勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日は本当に沢山のご声援を賜り、心より感謝申し上げます。
 レギュラーラウンド最終週、そしてホームゲームで地元の皆さんに沢山つめかけて頂きましたが、敗戦となりました。
 相手の粘りと正確なコンビネーションに対応できなかったことが敗因かと思います。
 明日はいよいよレギュラーラウンド最終戦です。
 地元の皆さんと一つになって勝利をつかみたいと思いますので、最後までご声援よろしくお願い致します。
 本日はありがとうございました。

22 佐藤(美)
()
パオリーニ
()
岩坂
()
新鍋
()
25
内瀬戸
()
栗原
(佐々木)
長岡
(吉丸)
古藤
()
井上
(石田)
遠井
(渡邊)
石井
()
石橋
()
佐藤(あ) リベロ 座安
19 佐藤(美)
()
パオリーニ
()
新鍋
()
古藤
(野本)
25
内瀬戸
()
佐々木
()
岩坂
(吉丸)
石橋
()
井上
(石田)
渡邊
(遠井)
長岡
(戸江)
石井
()
佐藤(あ) リベロ 座安
17 佐々木
(栗原)
渡邊
(遠井)
岩坂
()
新鍋
()
25
パオリーニ
()
井上
()
長岡
(戸江)
古藤
()
佐藤(美)
()
内瀬戸
()
石井
(村田)
石橋
(吉丸)
佐藤(あ) リベロ 座安

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日も会場を埋め尽くすたくさんの応援ありがとうございました。
 試合の方はサーブで攻め、ブロックのつき方を明確にすることで、ディフェンスから良いリズムを作って戦うことが出来ました。
 明日でレギュラーラウンド最終戦となりますが、久光製薬らしい良い試合をして、ファイナル6へ勢いをつけていきたいです。
 引き続き明日も温かいご声援の程、よろしくお願いします。

要約レポート

 地元茨城で勝利を飾りファイナル6に望みを繋げたい日立リヴァーレと、昨季の覇者で首位を走る久光製薬スプリングスとの試合。
 第1セットは序盤からお互い点を取り合い、シーソーゲームが終盤まで続く展開だったが、久光製薬・セッター古藤の巧みなトスワークと長岡のキレのあるスパイクにより粘る日立を振り切った。
 第2セット、久光製薬は長岡のブロックと硬軟取り混ぜた攻撃で序盤をリードをする。日立も佐々木を投入して流れを変え、リベロ佐藤のレシーブでもつれる展開となった。日立のレシーブが乱れ出し、久光製薬は岩坂、長岡のブロックでリズムに乗りこのセットを取った。
 第3セットは序盤からブロック、スパイクで久光製薬がリズムに乗った。しかし日立もパオリーニにボールを集め反撃を試みる。中盤に栗原を投入し、リズムが変わるかに見えたが、レシーブが乱れ久光製薬が着実にポイントを重ねて3−0で勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 笠倉 雅弘