V・プレミアリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
577
[開催日]
2015/02/21
[会場]
ひたちなか市総合運動公園総合体育館
[観客数]
2,206
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:50
[試合時間]
1:50
[主審]
高橋 宏明
[副審]
服部 篤史

上尾メディックス

監督: 吉田 敏明
コーチ: 箕輪 憲吾
通算ポイント: 33
通算: 11勝9敗
1

ポイント
0
23 第1セット
【27】
25 3

ポイント
3
20 第2セット
【27】
25
25 第3セット
【25】
21
18 第4セット
【22】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 福田 康弘
コーチ: 高杉 洋平
通算ポイント: 31
通算: 10勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 2レグでは非常に悔しい負け方をしていたので、課題を整理して今日の試合に臨みましたが、残念な結果となってしまいました。
 第1、第2セットは接戦の場面もありましたが、自分たちの流れにすることができませんでした。
 第3セットに入って、サーブで崩してブロックで得点をするという、本来のリズムを取り戻すことができたのですが、終盤に追い上げられた流れをそのまま第4セットに持ち込んでしまったことが、敗因の一つでしょう。
 レギュラーラウンドは残り1試合ですが、明日は全力を尽くしてファイナル6につながる試合になるように準備したいと思います。
 今日は多くの応援、本当にありがとうございました。

23 近藤
(冨永)
マーフィー
()
木村(沙)
()
中道
(峯村)
25
荒木(絵)
()
丸山
(青柳)
二見
(下平)
伊藤
()
土田
(岡本)
荒木(夕)
()
高田
(田代)
迫田
()
山岸 リベロ 小平
20 近藤
()
マーフィー
()
二見
()
木村(沙)
()
25
荒木(絵)
()
丸山
(青柳)
高田
(田代)
中道
(峯村)
土田
(冨永)
荒木(夕)
(辺野喜)
迫田
()
伊藤
(野村)
山岸 リベロ 小平
25 土田
(岡本)
荒木(絵)
()
二見
()
木村(沙)
()
21
荒木(夕)
()
近藤
(東谷)
高田
(田代)
中道
(峯村)
丸山
()
マーフィー
(冨永)
迫田
()
伊藤
(野村)
山岸 リベロ 小平
18 荒木(絵)
()
近藤
(辺野喜)
二見
(下平)
木村(沙)
()
25
土田
()
マーフィー
()
高田
(田代)
中道
(峯村)
荒木(夕)
(東谷)
丸山
(青柳)
迫田
()
野村
()
山岸 リベロ 小平

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日の試合は序盤から攻撃面でリズムを作る事が出来ましたが、第3セットからはサーブが弱くなり、ディフェンス面を機能させる事が出来ませんでした。
 明日はレギュラーラウンド最終戦、今日の課題をしっかり修正して、次につながる試合をしたいと思います。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

要約レポート

 レギュラーラウンド4位の上尾メディックスと、5位の東レアローズの対戦は、両チームともファイナル6への上位進出に向けての熱戦となった。
 第1セット序盤、東レが木村(沙)、二見の攻撃でペースをつかむ。粘る上尾も荒木(絵)、マーフィーの攻撃で一進一退のゲームが続くが、最後は東レ・伊藤のブロックで先取した。
 第2セット、上尾はマーフィー、荒木(絵)の攻撃や、近藤のサービスエースで先行する。中盤に東レは木村(沙)、高田の攻撃で追い上げ、上尾はマーフィー、丸山の攻撃で対応する。終盤東レは高田、迫田の攻撃で逆転し、最後は迫田のサービスエースでセットを連取した。
 第3セット、後がない上尾がマーフィーの活躍で前半をリードする。東レも迫田、高田の攻撃で粘りを見せるが、中盤作ったリードをそのまま守った上尾が、セットを取り戻した。
 第4セット、東レは高田、二見、上尾はマーフィーの打ち合いで一進一退になるかと思われたが、中盤に迫田の活躍で徐々にリードを広げる。上尾はマーフィーが奮闘するが追い上げることができず、セットカウント3−1で東レが勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 菊本 忠幸