V・プレミアリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
570
[開催日]
2015/02/14
[会場]
ベイコム総合体育館【尼崎市記念公園】
[観客数]
1,700
[開始時間]
15:10
[終了時間]
17:10
[試合時間]
2:00
[主審]
グレッグ・ルーオー
[副審]
國頭 亮太

デンソーエアリービーズ

監督: 山口 祐之
コーチ: 亀山 広
通算ポイント: 17
通算: 5勝13敗
1

ポイント
0
17 第1セット
【24】
25 3

ポイント
3
22 第2セット
【29】
25
29 第3セット
【33】
27
16 第4セット
【25】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

上尾メディックス

監督: 吉田 敏明
コーチ: 箕輪 憲吾
通算ポイント: 30
通算: 10勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 勝ちたいという意識がスタートから硬さとして出てしまった。
 ディフェンスにおいてうまく相手を見て拾えていたが、そこから点数に結びつけることが出来なかった。しかし、あの劣勢から3セット目をなんとか取れたという粘りを評価し、明日への試合へと繋げたい。
 残り3試合、しっかり準備して1ポイントでも多くポイントを取りにいきたい。
 たくさんの応援ありがとうございました。

17 大竹
()
ミア
()
荒木(夕)
()
土田
(三浦)
25
鈴木
(橋本)
鍋谷
(栄)
丸山
(関)
荒木(絵)
()
石井
()
井上(香)
(真柴)
マーフィー
()
近藤
(冨永)
佐野 リベロ 山岸
22 大竹
()
ミア
()
荒木(夕)
(皆本)
土田
()
25
鈴木
(栄)
石井
()
丸山
()
荒木(絵)
()
鍋谷
(真柴)
井上(香)
(堀江)
マーフィー
()
近藤
()
佐野 リベロ 山岸
29 ミア
()
石井
(真柴)
皆本
()
土田
(三浦)
27
大竹
(橋本)
井上(香)
()
丸山
(青柳)
荒木(絵)
()
鈴木
(栄)
鍋谷
()
マーフィー
(冨永)
近藤
()
佐野 リベロ 山岸
16 ミア
()
石井
()
皆本
()
土田
(三浦)
25
橋本
()
井上(香)
()
青柳
(丸山)
荒木(絵)
()

()
鍋谷
(真柴)
マーフィー
()
近藤
(冨永)
佐野 リベロ 山岸

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日の試合で勝利し、自力でファイナル6を決められたことを非常にうれしく思います。
 途中出場の選手の活躍を含めて全員で勝ち取れたことは、今後に繋がることになるでしょう。ただ、私たちは挑戦者であることに変わりはありません。明日は連敗している相手との試合になりますので、しっかりと準備をして挑戦したいと思います。
 今日は本当に温かいご声援をありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、上尾メディックスのマーフィーとデンソーエアリビーズのミアの打ち合いで中盤まで一進一退の攻防であった。中盤以降、上尾は荒木(絵)のブロックが冴え上尾の追従を振り切り、第1セットを先取する。
 第2セット、デンソーが中盤までリードするも上尾が15点で追いつくと荒木(絵)、近藤、皆本が3連続ポイントをあげ、マーフィーのアタックポイントでセットを連取する。
 第3セット、デンソーはリベロ佐野の好レシーブや第2セットから交代したセッター栄と鍋谷のコンビが合い接戦を勝ち取り第3セットを取る。
 第4セット、上尾は近藤のレシーブから荒木とマーフィーが確実に得点し、ファイナル6進出に繋がる勝利をおさめた。
 上尾のマーフィーとデンソーのミアのダイナミックな打ち合いが観客を魅了した試合であった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 森岡 伸次