V・プレミアリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
566
[開催日]
2015/02/08
[会場]
山形県総合運動公園総合体育館
[観客数]
2,600
[開始時間]
15:00
[終了時間]
17:13
[試合時間]
2:13
[主審]
明井 寿枝
[副審]
阿部広太郎

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村  悟
通算ポイント: 30
通算: 10勝7敗
2

ポイント
1
23 第1セット
【28】
25 3

ポイント
2
17 第2セット
【22】
25
25 第3セット
【27】
21
25 第4セット
【26】
22
15 第5セット
【18】
17

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 福田 康弘
コーチ: 高杉 洋平
通算ポイント: 25
通算: 8勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

 試合前半、中途半端な攻撃から失点したことが悔やまれる。
 しかしながら、今日の試合は、東レの勝利への執念を強く感じた一戦だった。
 我々も劣勢な展開からフルセットまで持ち込めたことは収穫でもあり、今後の反省材料ともなった。
 レギュラーラウンドも残り4試合、全力で戦います。引き続きのご声援、よろしくお願いいたします。

23 近江
()
イエリズ
(秋山)
野村
()
木村(沙)
()
25
島村
()
佐川
()
高田
(峯村)
中道
(田代)
山口
(柳田)
白垣
(鳥越)
迫田
()
伊藤
(下平)
岩崎 リベロ 小平
17 近江
()
イエリズ
(秋山)
野村
()
木村(沙)
()
25
島村
()
佐川
()
高田
(峯村)
中道
(田代)
山口
(柳田)
白垣
()
迫田
()
伊藤
()
岩崎 リベロ 小平
25 近江
(柳田)
イエリズ
()
野村
()
木村(沙)
()
21
島村
()
佐川
(上野)
高田
(峯村)
中道
(田代)
山口
(秋山)
白垣
(鳥越)
迫田
()
伊藤
()
岩崎 リベロ 小平
25 近江
(柳田)
イエリズ
()
木村(沙)
()
中道
(田代)
22
島村
()
佐川
(上野)
野村
()
伊藤
(下平)
秋山
()
白垣
(鳥越)
高田
()
迫田
()
岩崎 リベロ 小平
15 近江
(柳田)
イエリズ
()
木村(沙)
()
中道
(田代)
17
島村
()
佐川
()
野村
()
伊藤
(二見)
秋山
(上野)
白垣
(鳥越)
高田
()
迫田
()
岩崎 リベロ 小平

監督コメント

 今日の試合は、序盤から攻撃面で流れを作ることが出来たが、第3セット以降、相手のディフェンスに対応され苦しい展開となった。しかし最終セットは全員でボールを繋いで、エースで得点を重ねることが出来た。
 また次週も厳しい試合が続きますが、しっかり準備していきたい。
 本日も沢山の声援、ありがとうございました。

要約レポート

 ファイナル6に向けて連敗は避けたい東レアローズと、昨日の勝利で2位に浮上し勢いに乗るNECレッドロケッツの一戦は、山形に降り積もった雪をも溶かすような熱い戦いとなった。
 第1セット、序盤から一進一退の攻防となったが、要所で木村(沙)、迫田が強烈なスパイクを決め東レが逃げ切った。
 第2セット、勢いに乗る東レは、セッター中道を中心に多彩な攻撃を繰り広げ、セットを連取する。
 意地を見せたいNECは粘り強いレシーブから、イエリズ、白垣の強打で活路を見出し、第3、第4セットを連取しフルセットに持ち込む。
 迎えた最終セット、互いに強打を打ち合い一歩も譲らない意地のぶつかり合いとなったが、要所でスパイクを決めた高田の活躍で、東レが接戦を物にした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 黒沼 直洋