V・プレミアリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
554
[開催日]
2015/01/31
[会場]
富山市総合体育館
[観客数]
2,800
[開始時間]
16:25
[終了時間]
18:10
[試合時間]
1:45
[主審]
江下 毅
[副審]
森口 豊

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 藤本 幹朗
通算ポイント: 15
通算: 5勝9敗
0

ポイント
0
28 第1セット
【35】
30 3

ポイント
3
23 第2セット
【32】
25
26 第3セット
【32】
28
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算ポイント: 26
通算: 9勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日は出だしも良く、粘り強いレシーブから攻撃に結びつけることができたが、最終的に相手の方が精度の高いプレーで我々を上回っていたと思います。セットをとりきるまでの集中力を常に持ち続けてまた明日の試合に臨みたいと思います。
 本日も沢山のご声援をありがとうございました。

28 竹田
()
山田(真)
(日隈)
上野
(家高)
白垣
(鳥越)
30
平松
(志智)
衛藤
()
イエリズ
()
山口
(秋山)
藤田
(竹内(彩))
カナニ
()
近江
()
島村
()
佐藤 リベロ 岩崎
23 竹田
()
山田(真)
()
イエリズ
()
上野
(家高)
25
平松
(志智)
衛藤
()
近江
()
白垣
(鳥越)
藤田
(庄司)
カナニ
(川島)
島村
()
秋山
(佐川)
佐藤 リベロ 岩崎
26 竹田
(藤原)
山田(真)
()
上野
(家高)
白垣
(鳥越)
28
平松
(志智)
庄司
()
イエリズ
(柳田)
秋山
()
藤田
(衛藤)
川島
()
近江
()
島村
()
佐藤 リベロ 岩崎

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 竹田主将を中心とし粘りあるトヨタ車体のバレーの展開に苦しいゲームとなりましたが、デュースで接戦を勝利できたことは収穫です。特に競った第1セットの中盤に岩崎の好レシーブから島村のバックアタックで連続得点を挙げたあたりが、勝利という流れを呼び込んだポイントだったと思います。しかしながらトヨタ車体の粘りは見習うべき点が多く、非常に勉強になりました。
 本日も多くのご声援をいただきありがとうございました。

要約レポート

 上位進出のためには何としても勝利したいトヨタ車体クインシーズと、現在2位とは言え、上位を維持するためには失セットを抑えて勝利したいNECレッドロケッツの対戦は、1点を取り合う白熱した試合になった。
 第1セット、島村やイエリズのスパイクで得点を重ね、先に24点目を奪ったNECに対し、トヨタ車体は平松の移動攻撃などで連続得点し、デュースに持ち込み粘りを見せるが及ばなかった。
 第2セット、衛藤やカナニ、川島の攻撃で得点するトヨタ車体に対し、NECは島村やイエリズに加え、白垣や近江のスパイクなどで確実に得点し、トヨタ車体を寄せ付けない。2セット連取し勢いに乗ったNECは、第3セットの序盤から島村の力強いスパイクなどで大きくリードする。しかしあきらめないトヨタ車体は藤原のスパイクやサービスエースなどで追いつき、川島の攻撃などで4連続得点するなど、終盤逆転する。リードされたNECは柳田のスパイクなどで反撃し、第3セットもデュースとなる。最後は島村のスパイクで突き放し、NECはセットを失うことなく勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 京角 輝彦