V・プレミアリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
545
[開催日]
2015/01/24
[会場]
川崎市とどろきアリーナ
[観客数]
1,900
[開始時間]
14:05
[終了時間]
15:39
[試合時間]
1:34
[主審]
大塚 達也
[副審]
渡部 菜保子

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓祐
通算ポイント: 21
通算: 7勝5敗
0

ポイント
0
20 第1セット
【27】
25 3

ポイント
3
24 第2セット
【31】
26
21 第3セット
【30】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

デンソーエアリービーズ

監督: 山口 祐之
コーチ: 亀山 広
通算ポイント: 10
通算: 3勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第2セットのすべり出しが受け身で丁寧すぎた。
 途中からリズムが出てきたが、要所要所で本来のコンビバレーの精彩を欠いた。
 やるべき所で自分とチームの課題に挑戦する強い気持ちが足らない。
 相手が自チームの弱点をうまく攻めてきたことに対するディフェンスに焦りが出たことが反省すべき点だ。
 明日は気持ちを切替え、寒い中応援に駆けつけてくださった皆様と共にNEC戦に臨みたい。
 本日は暖かいご声援、ありがとうございました。

20 山口
(吉田)
川畑(愛)
()
井上(香)
(堀江)
石井
(真柴)
25
宮下
(香野)
浅津
()
鍋谷
()
鈴木
(栄)
佐々木
()
川島
(熊谷)
ミア
()
大竹
()
丸山 リベロ 佐野
24 川畑(愛)
()
浅津
(卜部)
井上(香)
(堀江)
石井
(真柴)
26
山口
(熊谷)
川島
(関)
鍋谷
()
鈴木
(栄)
宮下
(吉田)
佐々木
()
ミア
()
大竹
()
丸山 リベロ 佐野
21
()
佐々木
()
井上(香)
(堀江)
石井
(真柴)
25
宮下
(黒河)
浅津
(熊谷)
鍋谷
()
鈴木
(栄)
川畑(愛)
()
山口
(川島)
ミア
()
大竹
()
丸山 リベロ 佐野

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 ゲームの序盤から、ブロックとレシーブが機能し、止める、もしくは拾ってから決めるという理想的な展開に持ち込めた。
 スパイカー陣も最後までしっかりと打ち切ってくれて、1点を取る、セットを取る、そして試合を取ることが出来た。また各セット、途中から出場した選手が力を発揮してくれた。今日も全員の勝利でした。
 たくさんの応援をありがとうございます。
 
 

要約レポート

 第1セット、デンソーエアリービーズは大竹、ミアのスパイク、鍋谷のサービスエースで堅さの出る岡山シーガルズの前に主導権を握る。対する岡山は浅津、川畑(愛)の攻撃で応戦するも、デンソーの堅い守備の前に点を重ねることができず、デンソーが先取する。
 第2セット、流れに乗りたいデンソーはミアにボールを集め着実に点を重ねる。岡山はセッター宮下から繰り広げられる多彩な攻撃で反撃するも、デンソーの井上、鍋谷のブロックが攻撃を阻み、デンソーが連取する。
 第3セット、後がない岡山はリベロ丸山、東を基点に攻撃を仕掛けるが、うまく攻守の歯車が噛み合わない。山口のブロック、宮下のツーアタックでリズムを変えようとするが、デンソーのミア、大竹から放たれる力強いスパイクが勝り、デンソーがストレートで勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 吉谷 友輔