V・プレミアリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
542
[開催日]
2015/01/18
[会場]
秋田市立体育館
[観客数]
2,200
[開始時間]
15:05
[終了時間]
17:29
[試合時間]
2:24
[主審]
服部 篤史
[副審]
村上 成司

デンソーエアリービーズ

監督: 山口 祐之
コーチ: 亀山 広
通算ポイント: 7
通算: 2勝9敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【24】
18 2

ポイント
1
23 第2セット
【31】
25
25 第3セット
【29】
21
23 第4セット
【30】
25
16 第5セット
【18】
14

【 】内はセット時間

日立リヴァーレ

監督: 松田 明彦
コーチ: 角田 博文
通算ポイント: 14
通算: 5勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 ここ数試合、約束事や技術以外の部分での徹底が最後までやりきることができず、勝ちを取り切れなかったので、今日はとにかく、みんなで集中して最後まで試合しようとい臨んだ。
 何回も苦しい場面があったが、選手達が最後まで戦いきってくれた。 この勝利に甘えることなく、一試合一試合しっかりと準備をして戦っていきたい。
 たくさんの応援ありがとうございました。

25 大竹
()
ミア
()
遠井
(佐々木)
佐藤(美)
()
18
鈴木
(栄)
鍋谷
()
和田
(渡邊)
パオリーニ
()
石井
(真柴)
井上(香)
(堀江)
栗原
()
内瀬戸
()
佐野 リベロ 佐藤(あ)
23 大竹
()
ミア
()
井上
(渡邊)
内瀬戸
()
25
鈴木
(栄)
鍋谷
()
遠井
(細川)
佐藤(美)
(川村)
石井
(真柴)
井上(香)
(堀江)
佐々木
()
パオリーニ
()
佐野 リベロ 佐藤(あ)
25 大竹
()
ミア
()
和田
(井上)
内瀬戸
()
21
鈴木
(栄)
鍋谷
()
遠井
(川村)
佐藤(美)
(細川)
石井
(真柴)
井上(香)
(堀江)
佐々木
()
パオリーニ
()
佐野 リベロ 佐藤(あ)
23 大竹
()
ミア
()
井上
()
内瀬戸
()
25
鈴木
(栄)
鍋谷
()
遠井
(細川)
佐藤(美)
(川村)
石井
(真柴)
井上(香)
(堀江)
佐々木
()
パオリーニ
()
佐野 リベロ 佐藤(あ)
16 大竹
()
ミア
()
井上
()
内瀬戸
()
14
鈴木
(栄)
鍋谷
()
遠井
(細川)
佐藤(美)
(東原)
石井
(真柴)
井上(香)
(堀江)
佐々木
()
パオリーニ
()
佐野 リベロ 佐藤(あ)

監督コメント

 本日は沢山のご声援を頂き、心より感謝申し上げます。
 1セット目、相手の攻撃に対応できず、思うようにリズムを作る事が出来ず、落としていまい、その後、相手のミア選手の強打軟打を全員で拾いつなぎましたが、相手の攻撃が一つ上をいっていたということだと思います。
 また、パオリーニを中心としたコンビバレーを修正して、一から出直したいと思います。

要約レポート

 2レグ連勝中のデンソーエアリービーズと連敗は避けたい日立リヴァーレの試合。
 第1セット、序盤デンソーが抜け出しミアを中心とした攻撃でリードを保ち、終盤までリードを5点に広げたデンソーが勢いのまま先取。
 第2セット、シーソーゲームの展開となったが、佐々木のサーブで日立が中盤を抜け出すと、遠井のスパイクなどで5点差まで広げる。デンソーは、終盤ミヤのスパイクで同点とするも最後はパオリーニのサービスエースで日立が取る。
 第3セット、デンソーが1回目のテクニカルタイムアウト以降、ミヤ、鍋谷のスパイクで点差を広げ主導権を握る。終盤日立はつめよるも一歩及ばずデンソーが取る。
 第4セット、一進一退の攻防で試合が進み終盤を迎える。相手ミスから流れをつかんだ日立がセットを取る。
 第5セット、デュースまでもつれ込む展開となったが、最後はデンソーの石井が2連続得点を決め、2勝目をあげた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 橋本 美沙