V・プレミアリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
539
[開催日]
2015/01/17
[会場]
姫路市立中央体育館
[観客数]
2,800
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:28
[試合時間]
2:28
[主審]
田中 昭彦
[副審]
三見 洋子

上尾メディックス

監督: 吉田 敏明
コーチ: 箕輪 憲吾
通算ポイント: 13
通算: 4勝6敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【26】
19 2

ポイント
1
19 第2セット
【29】
25
31 第3セット
【36】
29
21 第4セット
【28】
25
15 第5セット
【17】
10

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 藤本 幹朗
通算ポイント: 11
通算: 3勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 2レグ連敗スタートになってしまったので、今日のフルセットのゲームを勝ち切れたことを非常に嬉しく思っています。
 第1セットは、問題としていた前半で連続得点し流れを掴むことができました。そして第3セットを粘り切れたことも明日以降の試合につながると思います。
 ただ、第2、第3、第4セットで連続失点をしてしまう場面があり、これはチームの課題と受け止めて改善できるよう努力が必要でしょう。
 ポイントを取ること、勝つことの難しさを実感する試合でしたが、今日の勝利を明日につなげたいと思います。
 本日は多くの温かい声援、ありがとうございました。

25 吉村
()
マーフィー
()
藤田
()
庄司
()
19
荒木(絵)
()
丸山
(竹田)
カナニ
()
竹田
()
土田
(冨永)
近藤
()
平松
(衛藤)
川島
(山田(真))
山岸 リベロ 中村
19 荒木(絵)
()
吉村
(荒木(夕))
庄司
()
竹田
()
25
土田
(三浦)
マーフィー
(冨永)
藤田
()
山田(真)
()
近藤
()
丸山
(青柳)
カナニ
(川島)
平松
()
山岸 リベロ 中村
31 荒木(夕)
()
マーフィー
()
竹田
()
山田(真)
()
29
荒木(絵)
()
丸山
(竹田)
庄司
()
平松
(衛藤)
土田
(冨永)
近藤
(東谷)
藤田
()
カナニ
()
山岸 リベロ 中村
21 荒木(絵)
()
荒木(夕)
()
カナニ
(志智)
藤田
(日隈)
25
土田
(冨永)
マーフィー
()
平松
(衛藤)
庄司
()
近藤
(東谷)
丸山
(青柳)
山田(真)
(川島)
竹田
()
山岸 リベロ 中村
15 近藤
()
マーフィー
()
カナニ
()
日隈
()
10
荒木(絵)
()
丸山
()
平松
()
庄司
()
土田
(冨永)
荒木(夕)
()
川島
()
竹田
()
山岸 リベロ 中村

監督コメント

 今日、流れは悪くなかったが、第3セットの接戦を取り切る力、また均衡した中での失点により、相手チームに一歩及ばなかった。
 明日の試合に向けてまず気持ちを切り替え、準備をしていきます。
 本日もたくさんのご声援をありがとうございました。

要約レポート

 ファイナル6を目指す2チームの戦いは、セットカウント3−2の接戦で上尾メディックスが制した。
 トヨタ車体クインシーズはカナニ、上尾メディックスはマーフィーの両エースの撃ち合いでセットカウントを1−1とした。
 第3セット、両チームともアタックを好レシーブで繋ぎ、長いラリーの続く接戦を上尾が取った。第4セット、上尾が好スタートをきるが、トヨタ車体は平松のブロックで詰め寄り、フルセットにもちこんだ。
 最終セット序盤、勢いに乗る上尾を、トヨタ車体はカナニのアタックで必死に追いつくも、上尾はマーフィーにトスを集め逃げ切った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 松上 麻美