V・プレミアリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
523
[開催日]
2014/12/06
[会場]
滋賀県立体育館
[観客数]
2,900
[開始時間]
14:05
[終了時間]
16:24
[試合時間]
2:19
[主審]
山本 和良
[副審]
佐々木 伸子

上尾メディックス

監督: 吉田 敏明
コーチ: 箕輪 憲吾
通算ポイント: 8
通算: 2勝4敗
2

ポイント
1
15 第1セット
【23】
25 3

ポイント
2
25 第2セット
【25】
23
25 第3セット
【26】
18
26 第4セット
【35】
28
13 第5セット
【18】
15

【 】内はセット時間

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算ポイント: 11
通算: 4勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合に対しては相手のサーブレシーブを崩してパワーのある攻撃にどう対応するかという準備をして来ましたが、あと一歩というところで非常に悔しい結果となってしまいました。今リーグはポイント制ですので、特に第4セット、勝ち点3を取れるところからの勝ち点1という結果を受け止めて、更にひとつひとつのプレーに対して厳しくして行くようにしたいと思います。まずは明日の年内最終戦に向けて、気持ちを切り換えて準備します。
 本日は寒い中、多くの声援ありがとうございました。

15 吉村
()
マーフィー
()
白垣
(鳥越)
山口
(佐川)
25
荒木(絵)
()
丸山
(山岸)
大野
(上野)
島村
()
土田
(冨永)
近藤
(荒木(夕))
イエリズ
()
近江
()
リベロ 岩崎
25 マーフィー
()
荒木(絵)
(山岸)
白垣
(鳥越)
山口
(佐川)
23
吉村
()
近藤
(皆本)
大野
()
島村
()
丸山
()
土田
(冨永)
イエリズ
()
近江
()
リベロ 岩崎
25 吉村
(荒木(夕))
マーフィー
()
白垣
(鳥越)
山口
(秋山)
18
丸山
(山岸)
荒木(絵)
()
大野
(上野)
島村
()
冨永
()
皆本
()
イエリズ
()
近江
()
リベロ 岩崎
26 マーフィー
()
荒木(絵)
()
白垣
(鳥越)
山口
(佐川)
28
吉村
(荒木(夕))
皆本
(近藤)
上野
()
島村
()
丸山
(山岸)
冨永
()
イエリズ
(柳田)
近江
()
リベロ 岩崎
13 吉村
()
マーフィー
()
白垣
(鳥越)
山口
(佐川)
15
丸山
(山岸)
荒木(絵)
()
上野
()
島村
()
冨永
()
近藤
()
イエリズ
(大野)
近江
()
リベロ 岩崎

監督コメント

 出だしから、サーブで攻めることができ、ブロックで流れをつかみそのまま第1セットをとりますが、第2セット目中盤から相手の攻撃に翻弄され、NECのバレーが展開できず、第2セット、第3セットを落としてしまいました。あと1セットも落とせない状況の中、第4セット目、お互い譲らないゲーム展開となりましたが、イエリズの気迫あふれるプレーで28-26で競り勝ち、第5セット目も選手がよく踏ん張ってくれ、勝利することができました。寒い中、たくさんの応援ありがとうございました。
 明日もしっかりと準備をして臨みます。

要約レポート

 第1セット、NECレッドロケッツはイエリズのサーブやスパイクで得点を重ね、ゲームを優位に進める。上尾メディックスも、荒木(絵)のクイックなどで対抗するが、NECの堅い守りを崩すことができずにこのセットを落とす。
 第2セット、上尾はサーブミスが連続し、NECにリードされる。しかし、荒木(絵)やマーフィーのアタックで追いつく。その後、一進一退の攻防が続くが、終盤にマーフィーのアタックが連続して決まり、上尾がこのセットを取る。
 第3セット、第2セット中盤以降、レシーブがよくなってきた上尾が、安定したゲーム運びでこのセットも連取する。
 第4セット、後のなくなったNECは白垣の活躍でゲームを有利に進める。対する上尾はマーフィーのアタックで対抗し、デュースにもつれ込む展開となったが、最後はNEC白垣の渾身のアタックが決まり、セットカウント2-2となる。
 最終セット、NECが流れをつかみ、序盤リードを保つが、上尾もマーフィー、荒木(絵)のアタックで追い上げ、13-13の接戦となった。しかし、最後はこのセットもNEC白垣のアタックが決まり、フルセットにもつれ込んだゲームをものにした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 殿城 毅