V・プレミアリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
521
[開催日]
2014/12/06
[会場]
岡崎市中央総合公園総合体育館
[観客数]
1,980
[開始時間]
14:00
[終了時間]
16:02
[試合時間]
2:02
[主審]
明井 寿枝
[副審]
戸川 太輔

日立リヴァーレ

監督: 松田 明彦
コーチ: 角田 博文
通算ポイント: 8
通算: 3勝3敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【23】
17 2

ポイント
1
16 第2セット
【22】
25
22 第3セット
【25】
25
25 第4セット
【26】
21
15 第5セット
【14】
11

【 】内はセット時間

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 加藤 陽一
通算ポイント: 14
通算: 5勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日は沢山のご声援をいただき、心より感謝申し上げます。昨年のチャンピオンチームとの戦いでしたが、胸を借りるつもりで戦いに臨みました。
 第1セットを良い形で取ることができたものの、第2、第3セットは相手の攻撃に苦戦をしいられました。しかし第4セットから入った内瀬戸、佐藤あり紗がレシーブから流れを作ってくれ、粘って粘って勝利をもぎ取ることができました。
 明日も厳しい試合になると思いますが、全員で勝ちにいきます。本日は、ありがとうございました。

25 パオリーニ
()
栗原
()
水田
()
石井
()
17
佐藤(美)
(川村)
遠井
(細川)
新鍋
()
古藤
(長岡)
佐々木
()
和田
(東原)
ミハイロビッチ
(中大路)
岩坂
()
佐藤(あ) リベロ 筒井
16 パオリーニ
()
栗原
()
新鍋
()
古藤
()
25
佐藤(美)
(川村)
遠井
(細川)
水田
()
岩坂
()
佐々木
()
和田
()
長岡
()
石井
(村田)
佐藤(あ) リベロ 筒井
22 パオリーニ
()
栗原
(内瀬戸)
水田
(石橋)
新鍋
()
25
佐藤(美)
()
遠井
()
長岡
()
古藤
()
佐々木
()
和田
()
石井
()
岩坂
()
佐藤(あ) リベロ 筒井
25 パオリーニ
()
内瀬戸
()
新鍋
()
古藤
()
21
佐藤(美)
(川村)
遠井
(細川)
水田
(森谷)
岩坂
()
佐々木
()
井上
()
長岡
()
石井
(村田)
佐藤(あ) リベロ 筒井
15 パオリーニ
()
内瀬戸
(栗原)
水田
()
新鍋
()
11
佐藤(美)
(川村)
遠井
(細川)
長岡
()
古藤
()
佐々木
()
井上
()
石井
(村田)
岩坂
()
佐藤(あ) リベロ 筒井

監督コメント

 フルセットの接戦となったが、最後まで温かい応援、ありがとうございました。
 試合内容は、相手のドライブサーブに崩されてしまい、良い状態で攻撃をすることができませんでした。また、相手の強固なディフェンスを前に、最後まで自分たちのリズムを作ることができませんでした。
 今一度、選手、スタッフそれぞれが直面している課題と向き合い、長いリーグを戦い抜いていきたいです。

要約レポート

 日立リヴァーレがフルセットの末、昨シーズンから続いた久光製薬スプリングスの連勝記録を止めた。
 前衛でも後衛でも迫力のあるアタックを打ち続けた佐々木、セッターの裏に回ってライトサイドからクロスへブロードをたたき込んだパオリーニが勝利の立役者であった。また、途中出場ながら独特のドライブサーブとレフトからのコース打ちで観客を魅了した内瀬戸、いいところで速攻を決めた井上も活躍を見せた。さらに、セッターながら両チームで最も多くの4本のブロックポイントを挙げた佐藤(美)、相手の強打に対して身を挺したレシーブを何度も見せたリベロ佐藤(あ)など、選手一人一人が持てる力を存分に発揮した試合であった。
 この試合のターニングポイントは、日立がセットカウント1-2で迎えた第4セット19-20での佐々木の活躍にあった。まずはバックからフェイントを落として同点。前衛に回ると相手の2枚ブロックをものともせずレフトから打ち切って21-20、さらにセンターに上がった二段トスを強引に打ち込み、一人で3本連続の得点を取った。その後久光製薬のミスが2本続き、結局日立が5連続得点でセットポイントに達した。第5セットは佐藤(美)が相手のレフトを2本止めるなどし、8−5でコートチェンジ。長岡中心のトス回しになり苦しくなった久光製薬は、最後までこの点差を縮めることができなかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 冨田 崇