V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
317
[開催日]
2014/11/30
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
2,500
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:22
[試合時間]
1:22
[主審]
服部 篤史
[副審]
大塚 達也

サントリーサンバーズ

監督: ジルソン ベルナルド
コーチ: 栗原 圭介
通算ポイント: 9
通算: 3勝2敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【25】
21 0

ポイント
0
25 第2セット
【26】
18
25 第3セット
【25】
19
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 篠田 歩
通算ポイント: 5
通算: 2勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 厳しい試合であったが、昨日とは違ってスロースタートではなく、最初から集中した姿勢で戦ってくれた。チーム全員が力を合わせて、昨日起こしてしまったミスはほとんどなかった。これからも選手達に信用してもらえるように頑張っていきたい。
 たくさんの応援ありがとうございました。僕等の優勝を信じてください。

25 岡本
(星谷)
鈴木
(米山)

()
米山
()
21
松崎
()
栗山
()
ボヨビッチ
()
藤井
(王)
山村
()
エバンドロ
()
瀬戸口
(鈴木)
富松
(大木)
高橋 リベロ 井手
25 鈴木
()
栗山
()

(相澤)
米山
()
18
岡本
(星谷)
エバンドロ
()
ボヨビッチ
(梅野)
藤井
(大木)
松崎
()
山村
()
鈴木
()
富松
()
高橋 リベロ 井手
25 岡本
(星谷)
鈴木
(米山)

()
米山
()
19
松崎
()
栗山
()
ボヨビッチ
()
藤井
(王)
山村
()
エバンドロ
()
瀬戸口
(鈴木)
富松
()
高橋 リベロ 井手

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 序盤、サイドアウトの展開となったが、中盤から攻撃がつかまり、相手にリードを許し1セット目を取られてしまった。その後、相手サーブに崩され攻撃が単調になり、流れをつかめずに負けてしまった。戦いは続くので、東レらしいバレーができるように頑張っていきたい。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 ホームゲームで勝利したいサントリーサンバーズと、昨日フルセットで逆転勝利した東レアローズの対戦。
 サントリーは山村のコースを狙ったサーブで攻め、ブロックとレシーブからの攻撃で4連続得点をあげる。その後追いつかれそうになりながらも、エバンドロのスパイクなどで得点を重ねセットを先取する。次セットも栗山が威力のあるサーブで攻め、山村、鈴木がブロックで得点する。松崎、高橋がスパイクレシーブを拾うと、長いラリーをエバンドロがスパイクで制すなど、チーム一丸となってストレートで快勝した。
 東レは、藤井が多彩なトスを魅せたが、勝負所で自分達のリズムにのりきれなかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 高澤 佳江