V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
313
[開催日]
2014/11/29
[会場]
大田区総合体育館
[観客数]
2,400
[開始時間]
14:05
[終了時間]
15:35
[試合時間]
1:30
[主審]
大塚 達也
[副審]
服部 篤史

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 徳元 幸人
通算ポイント: 10
通算: 3勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【28】
22 0

ポイント
0
25 第2セット
【29】
22
25 第3セット
【27】
21
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

サントリーサンバーズ

監督: ジルソン ベルナルド
コーチ: 栗原 圭介
通算ポイント: 6
通算: 2勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 3-0で終わったものの、難しい試合だった。サントリーは実力のあるチームだと思うが、効果的なサーブから得点を重ね、相手を上回った事が勝因だと思う。
 ファンの皆様ご声援ありがとうございました。

25 深津
()
町野
()
金子
(松崎)
阿部
(岡本)
22
小澤
()
越川
()
山村
()
鈴木
(橋本)
筧本
()
ヴィソット
()
エバンドロ
()
栗山
()
酒井 リベロ 高橋
25 町野
()
越川
()
松崎
()
岡本
()
22
深津
()
ヴィソット
()
山村
()
鈴木
(塩田)
小澤
(八子)
筧本
()
エバンドロ
(柴小屋)
栗山
()
酒井 リベロ 高橋
25 深津
()
町野
()
松崎
()
岡本
(エバンドロ)
21
八子
()
越川
()
山村
()
塩田
()
筧本
()
ヴィソット
()
柴小屋
(阿部)
栗山
()
酒井 リベロ 高橋

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 私達のチームは前試合とほぼ同じ状況で戦った。課題としては技術的なところより、精神的なコントロールをもう少し頑張っていきたい。最初から良い姿勢で戦わないと勝つことが非常に難しい。
 たくさんの応援いただきましてありがとうございました。試合後、東北の子供達と充実した時間を過ごせましたので、彼等からもらった「元気」を力に変えて、明日また頑張っていこうと思う。

要約レポート

 サントリーサンバーズの東京で初のホームゲームはJTサンダーズとの一戦。サントリーはエバンドロが初のスターティングメンバーとして出場する。
 JTは越川を中心に全員が効果的なサーブで終始有利に試合をすすめた。町野、筧本のブロックによる得点や、酒井、ヴィソットのスパイクレシーブをあげてからの得点などで点数を重ねる。代わって入った八子も軟打を混ぜたスパイクで得点をあげ、ストレートで快勝した。
 サントリーは栗山、エバンドロがスパイク、サーブで応戦する場面、セッターを岡本に代えたり、メンバーを松崎、柴小屋、塩田に代えたりするなどで流れを変えようとしたが、同点に追いつくことが精一杯だった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 高澤 佳江