V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
312
[開催日]
2014/11/23
[会場]
福山市緑町公園屋内競技場(ローズアリーナ)
[観客数]
2,150
[開始時間]
15:25
[終了時間]
17:15
[試合時間]
1:50
[主審]
千代延 靖夫
[副審]
山本 晋五

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 徳元 幸人
通算ポイント: 7
通算: 2勝1敗
3

ポイント
3
20 第1セット
【23】
25 1

ポイント
0
25 第2セット
【26】
23
25 第3セット
【23】
19
25 第4セット
【29】
22
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 篠田 歩
通算ポイント: 3
通算: 1勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 東レアローズは技術的に優れたチームで質の高い試合になると思っていた。
 1セット目はサーブで苦戦したが、2セット目以降は効果的なサーブで流れを引き寄せることができた。
 この2連勝はチームにとって非常に大きいと思う。
 二日間会場までお越しいただいた皆様、ご声援ありがとうございました。

20 町野
()
越川
()

()
米山
()
25
深津
()
ヴィソット
()
ボヨビッチ
()
藤井
(王)
小澤
()
筧本
()
瀬戸口
()
富松
(鈴木)
酒井 リベロ 井手
25 深津
()
町野
()

(鈴木)
米山
()
23
小澤
()
越川
()
ボヨビッチ
()
藤井
(王)
筧本
()
ヴィソット
()
瀬戸口
()
富松
()
酒井 リベロ 井手
25 町野
()
越川
()

(鈴木)
米山
()
19
深津
()
ヴィソット
()
ボヨビッチ
()
藤井
()
小澤
()
筧本
()
瀬戸口
()
富松
()
酒井 リベロ 井手
25 深津
()
町野
()

(鈴木)
米山
()
22
小澤
()
越川
()
ボヨビッチ
()
藤井
(梅野)
筧本
()
ヴィソット
()
瀬戸口
(王)
富松
()
酒井 リベロ 井手

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 第1セット目、良い形で先取することができたが、第2、3となかなか連続得点が奪えず、逆に相手にブロック、サーブと苦しめられた。
 第4セット目、メンバーチェンジで一度は流れを掴みかけたが、ミスが出てしまい取られてしまった。
 今回の反省、修正すべきところを来週に向けて準備していきたい。
 たくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 地元で連勝を飾りたいJTサンダーズと勝ち星を先行させたい東レアローズの一戦。
 第1セット、中盤に東レが米山、ボヨビッチのサービスエースなどで徐々に点差を広げ、そのままセットを先取した。
 第2セット、JTは小澤、越川、東レは米山、ボヨビッチの打ち合いで終盤まで両者譲らぬ展開となった。JTは小澤のアタック、筧本のブロックなどで、先にセットポイントをつかんだ。東レが李のブロックなどで、1点差にまで詰め寄ったが、最後はヴィソットがアタックを決めて、JTがセットを奪い返した。
 第3セット、中盤まで競り合いが続いた。JTは小澤がブロック、アタックと大活躍を見せ突き放すと、町野が連続ブロック、ヴィソットも連続アタックを決めて、JTがセットを連取した。
 第4セット、東レはボヨビッチ、富松のブロックでリードした。しかし、JTが小澤のアタック、ブロックで追いつき、さらに越川の連続アタックポイントで突き放した。東レも李、瀬戸口のブロックで追いすがったが、追いつくことが出来ず、JTが地元での連勝を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 近藤 宏顕