V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
306
[開催日]
2014/11/22
[会場]
氷見市ふれあいスポーツセンター
[観客数]
1,395
[開始時間]
17:05
[終了時間]
18:36
[試合時間]
1:31
[主審]
山本 和良
[副審]
澤 達大

サントリーサンバーズ

監督: ジルソン ベルナルド
コーチ: 栗原 圭介
通算ポイント: 6
通算: 2勝0敗
3

ポイント
3
34 第1セット
【33】
32 0

ポイント
0
25 第2セット
【28】
22
25 第3セット
【24】
18
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

ジェイテクトSTINGS

監督: 寺嶋 大樹
コーチ: 豊田 昇平
通算ポイント: 2
通算: 1勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 1セット目はそれぞれがベストを尽くして戦い、厳しいセットだった。しかし、サントリーは徐々に精神的に強いチームになってきている。開幕戦と同様ハードルの高い試合であった。
 このような質の高いゲームをこれからもファンの皆さんに提供していきたい。また、沢山の感動を届けたい。

34 鈴木
()
栗山
()
松崎
(清野)
角田
()
32
橋本
(エバンドロ)
椿山
(阿部)
エルナンデス
()
高橋(慎)
(古田)
金子
()
山村
(米山)
高橋(和)
()
金丸
()
鶴田 リベロ 興梠
25 鈴木
(米山)
栗山
()
松崎
(袴谷)
角田
(浅野)
22
橋本
(阿部)
椿山
()
エルナンデス
(清野)
高橋(慎)
()
金子
(星谷)
山村
()
高橋(和)
()
金丸
()
鶴田 リベロ 興梠
25 鈴木
()
栗山
()
袴谷
()
浅野
()
18
阿部
()
椿山
(柴小屋)
エルナンデス
()
高橋(慎)
()
金子
()
山村
()
高橋(和)
()
金丸
()
鶴田 リベロ 興梠

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

1セット目、何度も取れるチャンスがあったが最後はサントリーのブロックが上手であった。2セット目以降は自チームのミスでチャンスを潰してなかなかリズムに乗れなかった。ストレートの敗戦となりましたが、気持ちを切り換えて明日の一戦を迎えたい。
本日も沢山の応援ありがとうございました。明日も引き続きご声援宜しくお願い致します。

要約レポート

  第1セットから34-32と熱い一戦となったが、サントリーサンバーズが高さを生かして粘り勝ち、開幕2連勝を飾った。
どちらに転んでもおかしくない、一進一退の第1セットに続く第2セット。サントリーはジェイテクトSTINGSのミスにつけ込んでリードを奪うが、ジェイテクトのオポジット、エルナンデスの活躍で逆転を許す苦しい展開。ここでサントリーはセッターを阿部に代え、リズムを変えるとともに、椿山の鋭いジャンプサーブとバックアタックで19-13と抜け出し、危なげなく2セットを連取した。第3セットも中盤までリードを許したものの、ブロックから粘り強くボールをつなぎ、ジェイテクトを振り切った。
 敗れたジェイテクトは、サントリーの椿山を最後まで止められず、効果的に山村・鈴木らの速攻もちりばめられ、的を絞りきれなかった。途中出場のウイングスパイカー浅野の活躍でつかみかけた流れも、サントリーの高さに押し切られ、痛い敗戦を喫した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 吉國 太