V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
305
[開催日]
2014/11/22
[会場]
氷見市ふれあいスポーツセンター
[観客数]
980
[開始時間]
14:00
[終了時間]
16:28
[試合時間]
2:28
[主審]
村上 成司
[副審]
城 智人

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 4
通算: 2勝0敗
3

ポイント
2
23 第1セット
【27】
25 2

ポイント
1
17 第2セット
【28】
25
32 第3セット
【37】
30
25 第4セット
【26】
16
15 第5セット
【18】
13

【 】内はセット時間

堺ブレイザーズ

監督: 印東 玄弥
コーチ: シーグル ファン ダイク フェストイ
通算ポイント: 1
通算: 0勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

  第1、第2セットを落とし、第3セットも後半差をつれら苦しい展開だったが、素晴らしい追い上げでフルセットで勝利することができました。大きな勝利です。選手も最後まで諦めず、それぞれの持つ個性を十分に発揮してくれました。試合の中で、修正、対応ができ、出場した全選手の努力と貢献で勝ち取った勝利でした。
  いつも温かいご声援ありがとうございます。ホームの氷見で勝つことができて本当に良かったです。

23 山近
(重村)
岡本
(井上)
ペピチ
()
松本
(内藤)
25
内山
()
イゴール
()
石島
()
千々木
()
白岩
()

()
横田
()
今村
()
古賀(幸) リベロ 井上
17 山近
()
岡本
(高松)
松本
(内藤)
千々木
()
25
内山
(前田)
イゴール
()
ペピチ
()
今村
()
白岩
(井上)

()
石島
()
横田
()
古賀(幸) リベロ 井上
32 傳田
(重村)
高松
(古賀(太))
ペピチ
()
松本
(内藤)
30
内山
()
イゴール
()
石島
()
千々木
()
白岩
()

()
横田
()
今村
()
古賀(幸) リベロ 井上
25 傳田
()
高松
()
松本
()
千々木
()
16
内山
()
イゴール
()
ペピチ
(松岡)
今村
()
白岩
()

()
石島
(内藤)
横田
(出耒田)
古賀(幸) リベロ 井上
15 傳田
(重村)
高松
()
松本
(内藤)
千々木
()
13
内山
()
イゴール
()
ペピチ
()
今村
()
白岩
()

()
石島
()
横田
()
古賀(幸) リベロ 井上

監督コメント

  先週の試合の教訓を生かし、プレー面で修正、改善の方向で進んだ。そのプロセスの中で不要なパーソナルエラーが出てしまったので、明日に向けて更に冷静に分析して、準備を怠らないようにしたい。攻める、という姿勢は姿勢は大切にしたい。
  遠方から応援に駆けつけてくださった皆様に感謝しております。

要約レポート

  第1セット、立ち上がり堺ブレイザーズは硬さが目立ち、ミスで連続失点するも序盤に追いつき、先にテクニカルタイムアウトをとる。ここから、堺のペピチと、豊田合成トルフェルサのイゴールの両選手を中心とした打ち合いとなり、終盤まで一進一退の展開となる。最後は豊田合成のイゴールのサーブがアウトとなり、堺が第1セットを取った。第2セットも堺がこの勢いで連取した。
第3セット、堺が10−11から松本の連続ブロックなどで5連続得点しゲームの流れをつかみ得点を重ね24−19とする。ここから、豊田合成がイゴールのスパイク、近のブロックなど6連続得点し驚異的な粘りで追い着き、このセット30点を超えるジュースとなる。最後は、豊田合成のイゴールが連続でスパイクを決めてセットを奪い返した。
第4セットは豊田合成が連取し、この試合フルセットにもつれ込んだ。勝負の第5セット、豊田合成が8−10からイゴールのスパイク、白岩のサービスエースなど4連続得点で逆転し、リードを保ちこのセットを取り試合に勝利した。
豊田合成のセカンドホームである氷見市。会場に駆けつけた大応援団がこの逆転勝利に歓喜した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 新酒 直幸