V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
303
[開催日]
2014/11/16
[会場]
小牧市スポーツ公園総合体育館(パークアリーナ小牧)
[観客数]
1,850
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:29
[試合時間]
2:29
[主審]
塚本 健
[副審]
村中 伸

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 徳元 幸人
通算ポイント: 1
通算: 0勝1敗
2

ポイント
1
25 第1セット
【25】
20 3

ポイント
2
25 第2セット
【26】
17
22 第3セット
【27】
25
25 第4セット
【30】
27
22 第5セット
【29】
24

【 】内はセット時間

ジェイテクトSTINGS

監督: 寺嶋 大樹
コーチ: 豊田 昇平
通算ポイント: 2
通算: 1勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 ジェイテクトにはおめでとうと言いたい。彼らは勝利に相応しいプレーだった。
 第1、第2セットは良い展開だったが、第3セットを失い第4セット中盤でもそのまま試合を終わらせる事が出来る展開だったが、自分たちのプレーを最後まで出し切れなかった事が結果に繋がってしまった。
 ファンの皆様、ご声援ありがとうございました。

25 安永
(安井)
越川
()
高橋(和)
()
エルナンデス
()
20
深津
()
ヴィソット
()
金丸
()
松崎
()
小澤
()
筧本
()
高橋(慎)
()
角田
(松原)
酒井 リベロ 興梠
25 深津
()
安永
(中島)
エルナンデス
()
松崎
(浅野)
17
小澤
()
越川
()
金丸
()
角田
(袴谷)
筧本
(安井)
ヴィソット
()
高橋(和)
()
高橋(慎)
()
酒井 リベロ 興梠
22 中島
()
越川
()
袴谷
()
角田
(松原)
25
深津
()
ヴィソット
()
エルナンデス
()
高橋(慎)
(古田)
小澤
(吉岡)
筧本
()
高橋(和)
()
金丸
()
酒井 リベロ 興梠
25 深津
()
中島
()
袴谷
()
角田
(浅野)
27
小澤
()
越川
()
エルナンデス
()
高橋(慎)
(古田)
筧本
()
ヴィソット
()
高橋(和)
()
金丸
(清野)
酒井 リベロ 興梠
22 中島
(町野)
越川
()
エルナンデス
()
袴谷
()
24
深津
()
ヴィソット
()
高橋(和)
()
浅野
()
小澤
(八子)
筧本
()
金丸
(清野)
高橋(慎)
(古田)
酒井 リベロ 興梠

監督コメント

 開幕初戦ともあって1セット目硬さが見られたが、徐々に本来の動きが戻り第3セットを取ることが出来た。スタートで入ったメンバー以外に途中出場のメンバーが持ち味を発揮したことで流れを呼び込むことが出来た。
 本日は沢山の応援ありがとうございました。長いリーグ戦が始まりました。皆様の応援が選手への大きな力となります。引き続きご声援を宜しくお願い致します。

要約レポート

 地元チームのジェイテクトSTINGSが、0−2のビハインドから劇的な逆転勝利を収めた。特に最終セットはデュースに入る熱戦で、しかも好プレー・好ラリーの連続に満員の観客から拍手・歓声が響き続けた。特に、16-17からJTサンダーズが町野の起死回生の連続ブロックでマッチポイントをつかんだシーンでは、会場のボルテージは最高潮に達した。しかし、ジェイテクトはこの場面をしのぎ、18-19から金丸のブロックで同点に追いつくと、エルナンデスがレフトから22点目を、ライトから23点目をスパイクで奪った。この2本はいずれもJTの3枚ブロックを強打で打ち抜き、チームに勢いをつけた。最後はこの試合途中から出場の袴谷がスパイクサーブでレシーバーをはじき飛ばし、長い戦いに終止符を打った。
 JTも敗れはしたが、強烈なサーブやパイプ攻撃、高いブロックなど、見応えのある戦いぶりを見せた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 冨田 崇