V・プレミアリーグ男子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
301
[開催日]
2014/11/15
[会場]
小牧市スポーツ公園総合体育館(パークアリーナ小牧)
[観客数]
2,179
[開始時間]
14:00
[終了時間]
16:21
[試合時間]
2:21
[主審]
村中 伸
[副審]
塚本 健

パナソニックパンサーズ

監督: 川村 慎二
コーチ: 真保 綱一郎
通算ポイント: 1
通算: 0勝1敗
2

ポイント
1
25 第1セット
【28】
22 3

ポイント
2
25 第2セット
【28】
19
23 第3セット
【28】
25
23 第4セット
【29】
25
13 第5セット
【16】
15

【 】内はセット時間

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 2
通算: 1勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 スタートから相手のサーブに押されましたが第1、第2セットは耐えることが出来ました。しかし第3セットからはサーブで崩されコンビが組めなくなり自分達のバレーが出来くなってしまった。
 来週までにしっかりと修正をして試合に臨みたいと思います。
本日はたくさんのご声援ありがとうございました。

25 福澤
()
深津
()
山近
()
白岩
()
22
山添
()
白澤
(渡辺)
イゴール
()
内山
(重村)
清水
()
チアーゴ
()
高松
(古賀(太))

()
永野 リベロ 古賀(幸)
25 福澤
()
深津
(池田)
白岩
()
内山
(前田)
19
山添
(渡辺)
白澤
()
山近
()

()
清水
()
チアーゴ
(谷村)
イゴール
()
高松
(岡本)
永野 リベロ 古賀(幸)
23 福澤
()
深津
(池田)

()
白岩
(井上)
25
山添
()
白澤
(渡辺)
イゴール
()
内山
()
清水
()
チアーゴ
()
岡本
()
傳田
(重村)
永野 リベロ 古賀(幸)
23 深津
()
白澤
(渡辺)

()
白岩
()
25
福澤
()
チアーゴ
()
イゴール
()
内山
(井上)
山添
()
清水
(池田)
岡本
(古賀(太))
傳田
(重村)
永野 リベロ 古賀(幸)
13 福澤
()
深津
()

()
白岩
()
15
山添
(渡辺)
白澤
(池田)
イゴール
()
内山
(井上)
清水
()
チアーゴ
(谷村)
岡本
(古賀(太))
傳田
(重村)
永野 リベロ 古賀(幸)

監督コメント

 開幕戦ということで第1セットは硬さが出てしまった。第2セットも我々のゲーム運びが出来ず落としてしまったが、第3セット以降は交代で入った選手の活躍もあり、いつも通りのゲーム展開に持ち込むことが出来た。地元愛知県でのゲームと言うこともあり沢山のファンの方々にお越し頂けたおかげで勝つことが出来ました。
 温かいご声援ありがとうございました。

要約レポート

第1セットは、昨シーズン優勝パナソニックパンサーズが新加入のチアーゴのスパイクや清水・山添のブロックが決まり先取した。豊田合成トレフェルサもイゴールにトスを集めスパイクを9本決めるがセットを落としてしまった。
第2セットも、パナソニックが深津のサービスエース2本やトスワークが冴え、2セット目を取る。
第3セット、豊田合成は岡本・傳田を先発から投入。二人の活躍もあり最初のテクニカルタイムアウトを取る。その後も古賀(幸)をはじめ好レシーブが連発しチームを盛り上げた。パナソニックも追い上げるが豊田合成がセットを取る。
第4セットは豊田合成の3連続ブロックで序盤リードする。パナソニックも福澤や途中交代の池田の要所でのスパイク・ブロックで追い上げるも、最後は豊田合成の白岩のブロックがきまりセットカウント2−2とする。
第5セット一進一退の攻防となるが、豊田合成はイゴールが強烈に、岡本は技ありのスパイクを決める。後半には豊田合成が古賀(太)を投入し守りを固めるなどし粘り勝ちした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 中澤 和美