V・プレミアリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
517
[開催日]
2014/11/30
[会場]
米沢市営体育館
[観客数]
1,800
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:04
[試合時間]
2:04
[主審]
明井 寿枝
[副審]
阿部 広太郎

東レアローズ

監督: 福田 康弘
コーチ: 越谷 章
通算ポイント: 3
通算: 1勝4敗
3

ポイント
2
18 第1セット
【23】
25 2

ポイント
1
25 第2セット
【25】
22
25 第3セット
【25】
22
17 第4セット
【23】
25
16 第5セット
【16】
14

【 】内はセット時間

日立リヴァーレ

監督: 松田 明彦
コーチ: 角田 博文
通算ポイント: 6
通算: 2勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 たくさんの応援ありがとうございました。チームとして繋ぎからのアタックが打ち切れていないので強打やフェイントを高く上げ、アタッカーがしっかり打ち切ることを意識してゲームに入った。
 1セット目から高田のアタックで得点し、流れを作ってくれた途中出場の堀川、木村(美)が苦しい場面で活躍をしてセットを取ることが出来た。
 フルセットになったが、最後まで食らいつき勝利することが出来た。これからも応援よろしくお願いします。

18 木村(沙)
()
迫田
(中道)
和田
()
佐々木
()
25
伊藤
()
二見
()
遠井
(細川)
佐藤(美)
(川村)
田代
(堀川)
高田
(峯村)
栗原
()
パオリーニ
()
小平 リベロ 佐藤(あ)
25 迫田
()
二見
()
和田
()
佐々木
()
22
木村(沙)
()
高田
()
遠井
()
佐藤(美)
()
伊藤
()
田代
()
栗原
()
パオリーニ
()
小平 リベロ 佐藤(あ)
25 木村(沙)
()
迫田
(中道)
佐々木
()
佐藤(美)
()
22
伊藤
()
二見
()
和田
()
パオリーニ
()
田代
(堀川)
高田
()
遠井
()
栗原
()
小平 リベロ 佐藤(あ)
17 迫田
()
二見
()
和田
()
佐々木
()
25
木村(沙)
(峯村)
高田
()
遠井
(内瀬戸)
佐藤(美)
()
伊藤
()
田代
(中道)
栗原
()
パオリーニ
()
小平 リベロ 佐藤(あ)
16 木村(沙)
()
迫田
(中道)
内瀬戸
()
和田
()
14
伊藤
(野村)
二見
()
栗原
()
佐々木
()
田代
(堀川)
高田
()
パオリーニ
()
佐藤(美)
(川村)
小平 リベロ 佐藤(あ)

監督コメント

 1セット目、良い形でポイントを重ね、自分たちのリズムのままセットを取ることが出来ました。
 しかし、2、3セット目と相手の粘り、攻撃に苦しいところで決められてしまいセットを失ってしまいましたが、4セット目以降途中から入った内瀬戸がレシーブからリズムを作ってくれました。決める所でパオリーニ、佐々木、栗原が決めてくれましたが、最後の1点が取れず悔しい敗戦となりました。
 2日間にわたり大きな声援を送ってくれた応援団の皆さん、本当にありがとうございました。

要約レポート

 連勝して上位進出の足掛かりを得たい日立リヴァーレと初白星を目指す東レアローズの一戦。
 第1セット日立はセッター佐藤(美)の巧みなトス回しで、佐々木、パオリーニの強打を引き出し、ミスの目立つ、東レからこのセットを奪った。
 第2、3セットは東レのリベロ木村(美)を中心とするレシーブに粘りが見られ、高田、木村(沙)の活躍で連取した。
 第4セット、日立は栗原のサーブやスパイクに加えて、佐々木、パオリーニの強打でリズムをつかみフルセットに持ち込んだ。
 最終セットはジュースになる大接戦となったが、東レは要所で木村(沙)、高田がスパイクを決め、今季初勝利を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 高橋 賢治