V・プレミアリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
515
[開催日]
2014/11/29
[会場]
防府市スポーツセンター体育館(ソルトアリーナ防府)
[観客数]
1,639
[開始時間]
14:00
[終了時間]
16:04
[試合時間]
2:04
[主審]
江下 毅
[副審]
種元 桂子

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算ポイント: 9
通算: 3勝1敗
2

ポイント
1
25 第1セット
【23】
16 3

ポイント
2
25 第2セット
【28】
23
15 第3セット
【22】
25
20 第4セット
【25】
25
9 第5セット
【14】
15

【 】内はセット時間

久光製薬スプリングス

監督: 中田 久美
コーチ: 加藤 陽一
通算ポイント: 10
通算: 4勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

挑戦者という立場で久光製薬スプリングスの胸を借り、序盤は集中力を持って戦うことができた。近江、岩崎のレシーブを中心にイエリズ、白垣らの攻撃陣のがんばりにより、良いバレーが展開できたと思う。しかし、第3セットからは久光製薬の長岡選手を中心とした攻撃の前に、完全に流れを持って行かれてしまった。チャンスはあっただけに残念な結果であるが、NECらしい集中力のある素晴らしいプレーもあった。明日は最後まで攻めの気持ち、特にサーブでも攻め続けていきたいと思います。今日も多くのご声援をありがとうございました。

25 近江
()
イエリズ
()
新鍋
()
古藤
(ミハイロビッチ)
16
島村
()
大野
()
岩坂
()
水田
()
山口
()
白垣
()
長岡
(中大路)
石井
()
岩崎 リベロ 筒井
25 近江
()
イエリズ
()
岩坂
(戸江)
新鍋
()
23
島村
()
大野
()
長岡
()
古藤
()
山口
(佐川)
白垣
(鳥越)
石井
()
水田
(石橋)
岩崎 リベロ 筒井
15 近江
()
イエリズ
()
岩坂
()
新鍋
()
25
島村
()
大野
(柳田)
長岡
()
古藤
()
山口
()
白垣
()
石井
()
水田
(石橋)
岩崎 リベロ 筒井
20 近江
()
イエリズ
()
新鍋
()
古藤
()
25
島村
()
大野
(柳田)
岩坂
()
水田
(石橋)
山口
(佐川)
白垣
(鳥越)
長岡
()
石井
()
岩崎 リベロ 筒井
9 島村
()
近江
()
岩坂
()
新鍋
()
15
山口
()
イエリズ
()
長岡
()
古藤
(ミハイロビッチ)
白垣
(鳥越)
大野
()
石井
(戸江)
水田
()
岩崎 リベロ 筒井

監督コメント

接戦を勝てたことは良かったが、内容を振り返ると多くの課題の残る試合となってしまった。特にブロックとレシーブの関係を上手く作れず、ブレイクチャンスをなかなか創出することができなかった。それでも水田、岩坂の両センターの攻撃が機能し、要所で点を重ねたことが勝利に繋がった。課題は多いが、一つ一つ修正して、チームとしての準備をしっかりしていきたい。本日も最後まで熱いご声援をありがとうございました。

要約レポート

お互いに開幕4連勝をかけた久光製薬スプリングスとNECレッドロケッツの一戦。
序盤NECはセッター山口のトスワークが冴え、大野や島村のバックアタック、イエリズの強打が決まり第1,2セットを連取する。
久光製薬はセッター古藤が長岡にボールを集めリズムを作る。そのリズムに乗り久光製薬の攻撃陣が息を吹き返し、第3,4セット奪い返す。
勝負の第5セット本日絶好調の長岡が得点を重ね、粘るNECを振り切り、大逆転で久光製薬が開幕4連勝を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 有馬 浩一