V・プレミアリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
514
[開催日]
2014/11/29
[会場]
米沢市営体育館
[観客数]
1,400
[開始時間]
16:35
[終了時間]
19:08
[試合時間]
2:33
[主審]
田中 昭彦
[副審]
高橋 宏明

デンソーエアリービーズ

監督: 山口 祐之
コーチ: 亀山 広
通算ポイント: 1
通算: 0勝4敗
2

ポイント
1
25 第1セット
【29】
23 3

ポイント
2
25 第2セット
【28】
21
27 第3セット
【31】
29
32 第4セット
【36】
34
13 第5セット
【17】
15

【 】内はセット時間

日立リヴァーレ

監督: 松田 明彦
コーチ: 角田 博文
通算ポイント: 5
通算: 2勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1、第2セットは、サーブで相手を崩した後のブロックとレシーブが上手く機能し、その後の攻撃も決まり、セットを取ることが出来た。
 セットを追う毎に少しずつプレーの精度が落ち、点数を取り切る事が出来なかった。
 明日の試合、もう一度しっかり準備をし、今日の勝ち点1を無駄にしないように全力で頑張ります。
 沢山の応援、ありがとうございました。

25 ミア
()
鍋谷
()
和田
()
佐々木
()
23
井上(香)
(真柴)
石井
()
遠井
(細川)
佐藤(美)
(川村)
鈴木
(橋本)
大竹
(栄)
栗原
()
パオリーニ
()
佐野 リベロ 佐藤(あ)
25 ミア
()
鍋谷
()
和田
(井上)
佐々木
(内瀬戸)
21
井上(香)
(真柴)
石井
()
遠井
(細川)
佐藤(美)
(川村)
鈴木
(橋本)
大竹
(栄)
栗原
()
パオリーニ
()
佐野 リベロ 佐藤(あ)
27 ミア
()
鍋谷
()
和田
(東原)
佐々木
()
29
井上(香)
(真柴)
石井
()
遠井
()
佐藤(美)
()
鈴木
(橋本)
大竹
(栄)
栗原
(内瀬戸)
パオリーニ
()
佐野 リベロ 佐藤(あ)
32 ミア
()
鍋谷
()
東原
()
佐々木
()
34
井上(香)
()
石井
(真柴)
遠井
(川村)
佐藤(美)
()
鈴木
(橋本)
大竹
(栄)
内瀬戸
(栗原)
パオリーニ
()
佐野 リベロ 佐藤(あ)
13 ミア
()
鍋谷
(栄)
東原
()
佐々木
()
15
井上(香)
(真柴)
石井
()
遠井
(川村)
佐藤(美)
()
鈴木
(橋本)
大竹
()
内瀬戸
(栗原)
パオリーニ
()
佐野 リベロ 佐藤(あ)

監督コメント

 本日は、沢山の声援を頂き、心より感謝申し上げます。
 序盤、相手の攻撃に翻弄され、なかなかリズムに乗ることが出来ませんでしたが、第3セット以降は粘りや繋ぎが生き、日立リヴァーレらしいバレーを展開することが出来ました。苦しい展開の中で、大応援団の声援が後押しをしてくれました。
 本日は、ありがとうございました。

要約レポート

 
 Vプレミアリーグ復帰初勝利を目指すデンソーエアリービーズと、連勝して波に乗りたい日立リヴァーレとの一戦は、全セットとも一進一退の試合展開となった。
 デンソーは的を絞らせない攻撃で、ミアのスパイクが効果的に決まり、第1、第2セットを連取するも、日立は、リベロ佐藤を中心とした粘り強いレシーブで応戦。第3セット以降は、要所でのサービスエースや、パオリーニ、佐々木、内瀬戸らのスパイクが決まり、フルセットに持ち込むと、第5セットは波に乗った日立が奪取し勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 舟越 慎也