V・プレミアリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
513
[開催日]
2014/11/29
[会場]
米沢市営体育館
[観客数]
1,800
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:51
[試合時間]
1:51
[主審]
阿部 広太郎
[副審]
明井 寿枝

東レアローズ

監督: 福田 康弘
コーチ: 越谷 章
通算ポイント: 1
通算: 0勝4敗
1

ポイント
0
25 第1セット
【27】
21 3

ポイント
3
23 第2セット
【28】
25
21 第3セット
【27】
25
10 第4セット
【20】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 泉川 正幸
コーチ: 藤本 幹朗
通算ポイント: 4
通算: 1勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1セットは、相手の攻撃に対してしっかりディフェンスが機能して、レシーブからのアタックで点数をとることが出来た。
 第2セットから川島に替わりカナニが出てきて、アタックをディフェンスすることが出来ず、セットを落としてしまった。
 第3セットからはサーブレシーブが崩れて攻撃が出来ず、チームを立て直すことが出来なかった。
 たくさんの応援ありがとうございます。

25 木村(沙)
()
迫田
(田代)
川島
(カナニ)
藤田
(竹内(彩))
21
伊藤
()
二見
()
庄司
()
平松
()
中道
(堀川)
高田
(峯村)
山田(真)
(日隈)
竹田
()
小平 リベロ 中村
23 木村(沙)
()
迫田
(田代)
カナニ
(山田(侑))
藤田
(竹内(彩))
25
伊藤
()
二見
()
庄司
()
平松
()
中道
(堀川)
高田
()
山田(真)
(日隈)
竹田
()
小平 リベロ 中村
21 木村(沙)
()
迫田
()
庄司
()
カナニ
(山田(侑))
25
伊藤
()
二見
()
山田(真)
()
藤田
()
中道
(田代)
高田
()
竹田
(藤原)
平松
(衛藤)
小平 リベロ 中村
10 木村(沙)
()
迫田
()
カナニ
(山田(侑))
藤田
(竹内(彩))
25
伊藤
(野村)
二見
()
庄司
()
平松
(衛藤)
田代
(中道)
高田
(峯村)
山田(真)
()
藤原
()
小平 リベロ 中村

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日は何とか1勝することが出来、大変嬉しく思います。
 第1セットの序盤、大量にリードされ、追いかける展開となりましたが、中盤で追い上げ、セットは落とすものの第2セット以降は序盤からよく対応出来たと思います。
 また、苦しい場面もありましたが、集中力を切らすことなく戦うことが出来、途中から入ったメンバーも、きっちりと役割を果たしてくれました。明日もしっかり準備をして試合に臨みたいと思います。
 本日も沢山のご声援をありがとうございました。

要約レポート

 共に初勝利を目指す東レアローズと、トヨタ車体クインシーズの一戦。
 第1セット、東レは木村(沙)、高田のレフト攻撃が決まりリードするが、トヨタ車体は平松やカナニの攻撃で差を縮める。結局、東レが木村(沙)と高田の活躍でトヨタ車体を振り切った。
 第2セット、トヨタ車体は山田(侑)のライト攻撃などで大きくリード。東レも二見、高田の連続ブロックにより同点とするが、終盤でミスが連続し、トヨタ車体が25−23でこのセットを奪取した。
 第3セット、トヨタ車体はレフト竹田とカナニの活躍でリード、東レは木村(沙)や高田の攻撃で追いすがるが及ばず、このセットもトヨタ車体が取った。
 第4セットは、トヨタ車体は竹田に替わって入った藤原とカナニの両レフトが得点を稼ぎ、また、東レのミスによる失点が重なり一方的な展開でトヨタ車体が取り、セットカウント3−1でトヨタ車体が今季初勝利を挙げた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 高橋 賢治