V・プレミアリーグ女子 2014/15 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
506
[開催日]
2014/11/22
[会場]
一関市総合体育館(ユードーム)
[観客数]
2,755
[開始時間]
16:10
[終了時間]
17:32
[試合時間]
1:22
[主審]
村中  伸
[副審]
浅井 唯由

デンソーエアリービーズ

監督: 山口 祐之
コーチ: 亀山 広
通算ポイント: 0
通算: 0勝2敗
0

ポイント
0
18 第1セット
【22】
25 3

ポイント
3
18 第2セット
【27】
25
23 第3セット
【27】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村  悟
通算ポイント: 6
通算: 2勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

各セットとも、中盤まである程度のバレーが展開できるが、終盤にミスで失点してしまい、セットを取ることができなかった。
プレッシャーのかかる終盤でしっかり自分達のバレーができるよう切り換えて明日の試合も頑張ります。たくさんの応援ありがとうございました。

18 ミア
()
鍋谷
()
白垣
(鳥越)
山口
(佐川)
25
井上(香)
(堀江)
石井
()
大野
()
島村
()
鈴木
()
泉岡
()
イエリズ
(上野)
近江
()
佐野 リベロ 岩崎
18 ミア
()
鍋谷
()
白垣
(鳥越)
山口
(上野)
25
井上(香)
(堀江)
石井
()
大野
()
島村
()
鈴木
()
大竹
()
イエリズ
(佐川)
近江
()
佐野 リベロ 岩崎
23 ミア
()
鍋谷
()
白垣
(鳥越)
山口
(イエリズ)
25
井上(香)
()
石井
()
大野
()
島村
()
鈴木
(橋本)
大竹
(泉岡)
佐川
()
近江
()
佐野 リベロ 岩崎

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

一進一退の攻防となった第1セットだったが、リベロ岩崎の好レシーブが中盤の流れを引き寄せてくれた。その後、集中力も取り戻しサーブで攻めリズムある攻撃を生み出すことができた。
逆に第2セットは、デンソーリベロ佐野選手を中心とする守りに苦しみ劣勢を強いられたが、近江の緩急あるサーブでの連続得点が大きかった。また、途中出場の新人佐川もスパイク得点でチームを勢いづけてくれた。第3セットもデンソーの粘りに苦しめられたが、全員が攻めの気持ちを持って戦えたことが勝因となった。本日も多くの声援ありがとうございました。

要約レポート

昨シーズン5位のNECレッドロケッツと今シーズンV・プレミアリーグに復帰したデンソーエアリービーズ。共に伝統あるチームの一戦は、第1セット、NEC近江、岩崎の安定したレシーブから山口のトスワークによりイエリズを中心に多彩な攻撃を仕掛け先取。第2セットデンソーは、攻めのサーブでNECレシーブ陣を乱し、リードを広げた。中盤、NEC近江のサーブなどで連続6得点をあげ、同点に追いつくとリズムを取り戻し逆転で連取。第3セット、NEC、デンソー共に攻め合いシーソーゲームを展開。終盤、NEC白垣の連続スパイクで抜け出しセットカウント3−0でNECが勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 石川義明