V・プレミアリーグ男子 2013/14 ファイナルラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
441
[開催日]
2014/04/13
[会場]
東京体育館
[観客数]
3,000
[開始時間]
12:00
[終了時間]
14:12
[試合時間]
2:12
[主審]
山本 和良
[副審]
千代延 靖夫

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 山本 太二
通算: 0勝1敗
2 17 第1セット
【24】
25 3
20 第2セット
【25】
25
27 第3セット
【31】
25
25 第4セット
【25】
17
13 第5セット
【15】
15

【 】内はセット時間

堺ブレイザーズ

監督: 酒井 新悟
コーチ: 長江 祥司
通算: 1勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 優勝するためには揺るぎない力をつける必要性を痛感したシーズンとなった。まずは個の力を最大限に伸ばしその力を結集した上でチーム力に変えていかなければならない。
 長期間に渡り、熱い声援を送り続けていただき誠にありがとうございました。今日の悔しさを胸に来シーズンへの取り組みを今から行っていきたいと思います。

17 富松
()
鈴木
(角田)
千々木
()
佐川
(出耒田)
25
近藤
(王)
ボヨビッチ
()
松本
()
内藤
()
米山
()
篠田
()
ペピチ
()
石島
()
井手 リベロ 井上
20 富松
(鈴木)
角田
()
松本
(木場田)
千々木
()
25

()
ボヨビッチ
(大木)
ペピチ
()
佐川
(出耒田)
米山
()
篠田
(黒木)
石島
(坂梨)
内藤
()
井手 リベロ 井上
27 富松
()
米山
()
千々木
()
佐川
(今村)
25

(近藤)
ボヨビッチ
(鈴木)
松本
()
内藤
()
大木
()
黒木
(篠田)
ペピチ
()
石島
()
田辺 井手 リベロ 井上
25 富松
()
米山
()
松本
()
千々木
(坂梨)
17

()
ボヨビッチ
(鈴木)
ペピチ
(松岡)
佐川
(今村)
大木
(瀬戸口)
篠田
()
石島
()
内藤
()
田辺 リベロ 井上
13 富松
()
米山
()
石島
()
ペピチ
()
15

()
ボヨビッチ
(鈴木)
内藤
()
松本
()
大木
(瀬戸口)
篠田
()
佐川
(出耒田)
千々木
()
田辺 リベロ 井上

監督コメント

 今日の試合は今シーズンをそのまま物語っている内容となった。どの試合も楽には勝てないのは承知の上だが、最後まで気持ちを切らさず戦い抜いてくれた選手達、そしてサポートしてくれたスタッフ陣に感謝したい。また、応援団長のなおきさん始め、良い時も悪い時も声援をくださったサポーターの皆さんにも感謝致します。
 ブレイザーズはまだまだこれから進化する可能性を持ったチームです。今後共、更なるご声援を宜しくお願いします。本当にありがとうございました。

要約レポート

 試合開始から堺ブレイザーズのブロックが炸裂し、スタートダッシュに成功した。しかし、東レアローズもセッター近藤に代え、王を投入し追撃を開始する。東レキャプテン米山を中心に、ボヨビッチ、角田が堺を攻撃する。それに対し堺は、ペピチの鋭いサーブ、ミドルブロッカー松本、内藤のセンター攻撃、石島の豪快なアタックと司令塔佐川の采配が的中し、東レを翻弄する。第3セットリズムを取り戻した東レが第3、第4セットを連取し、勝敗の行方は最終セットへともつれ込んだ。最後まで目の離せない熱戦が続いたが、堺のペピチ、石島のアタックが炸裂し、追いすがる東レを退け、勝利を手に入れた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 柴田 等