V・プレミアリーグ男子 2013/14 セミファイナルラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
436
[開催日]
2014/04/06
[会場]
福岡市民体育館
[観客数]
2,532
[開始時間]
16:00
[終了時間]
17:55
[試合時間]
1:55
[主審]
山本 晋五
[副審]
千代延 靖夫

堺ブレイザーズ

監督: 酒井 新悟
コーチ: 長江 祥司
通算: 1勝2敗
3 25 第1セット
【27】
21 1
17 第2セット
【25】
25
27 第3セット
【30】
25
25 第4セット
【24】
18
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 山本 太二
通算: 0勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日は、チーム一丸となって、最後まで戦えたすばらしい試合であった。途中相手のサーブに揺さぶられ、劣勢になる場面もあったが、逆にサーブとレシーブ、そこからのブレイクではね返してくれた。
 この勢いをもって、来週の3位決定戦にも臨みたいと思う。
 このセミファイナル三連戦も、たくさんのサポーターに応援して頂き、本当にありがとうございました。

25 内藤
()
石島
()
篠田
()
米山
(渡辺)
21
佐川
(北島)
松岡
()
ボヨビッチ
()
近藤
(梅野)
千々木
()
松本
(木場田)
星野
(鈴木)
黒木
()
井上 リベロ 井手
17 内藤
()
石島
(坂梨)
篠田
()
米山
()
25
佐川
()
松岡
()
ボヨビッチ
()
近藤
(梅野)
千々木
()
松本
(木場田)
鈴木
()
黒木
()
井上 リベロ 井手
27 内藤
()
石島
()
篠田
()
米山
(星野)
25
佐川
(北島)
松岡
()
ボヨビッチ
()
梅野
(近藤)
千々木
()
松本
(木場田)
鈴木
()
黒木
()
井上 リベロ 井手
25 石島
(坂梨)
松岡
()
篠田
()
星野
(渡辺)
18
内藤
()
松本
()
ボヨビッチ
()
近藤
()
佐川
()
千々木
()
鈴木
()
黒木
(李)
井上 リベロ 井手

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 堺ブレイザーズのサイドアタッカー陣の攻撃を封じる事が出来ず、苦しい展開となってしまった。
 来週リベンジ出来るよう、しっかりと準備を進めたい。
 本日も、沢山の応援ありがとうございました。
 3位決定戦では、絶対に勝ちたいと思います。応援よろしくお願いします。

要約レポート

 前日までの結果で、共に3位決定戦に進むことになった、堺ブレイザーズと東レアローズのセミファイナルリーグ最終戦。
 堺の松本の速攻で幕を開けた第1セット、ケガのペピチに代わって出場した松岡と千々木を中心に攻撃を繰り広げる堺に対し、東レは黒木の速攻を織り交ぜてボヨビッチと星野を中心に攻撃を繰り広げる展開となった。終盤、内藤のブロックから千々木・松岡の活躍で一気に得点した堺が、セットを先取した。
 続く第2セット、黒木のサービスエースを含む連続得点でリードを広げた東レが、篠田と黒木の速攻を中心に着実に得点を重ね、リードを保ったままセットを奪い返した。
 第2セットを奪われた堺は好調な松岡にボールを集め、東レは速攻を中心にボヨビッチの強打で攻める展開となり、終盤までもつれてデュースとなった第3セットは、松本の速攻と石島の攻撃で堺が逃げ切った。
 後のなくなった東レは、全員攻撃で粘りを見せるが、堺は27得点を挙げた好調な松岡を中心に最後まで攻め切り、第4セットも連取してセミファイナルリーグ最終戦に勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 黒木 政光