V・プレミアリーグ男子 2013/14 セミファイナルラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
432
[開催日]
2014/04/04
[会場]
福岡市民体育館
[観客数]
1,825
[開始時間]
18:40
[終了時間]
20:54
[試合時間]
2:14
[主審]
村上 成司
[副審]
千代延 靖夫

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 徳元 幸人
通算: 1勝0敗
3 26 第1セット
【29】
24 2
16 第2セット
【23】
25
20 第3セット
【25】
25
25 第4セット
【30】
23
15 第5セット
【15】
8

【 】内はセット時間

堺ブレイザーズ

監督: 酒井 新悟
コーチ: 長江 祥司
通算: 0勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 予想した通り、難しい試合になった。
 2セット目を除けば、両チーム共に非常に高いレベルのバレーを展開出来たと思う。素晴らしいゲームが出来たことに対して、堺ブレイザーズには感謝したい。
 4セット目終盤から5セット目のチームの働きは、とても素晴らしかった。選手にはとても感謝したい。ただし、これは1つ勝ったに過ぎない。明日の試合にしっかり備えたい。
 ファンの皆様、ご声援ありがとうございました。

26 井上
()
筧本
(神田)
千々木
()
佐川
(北島)
24
八子
()
越川
()
松本
()
内藤
()
安永
(安井)
イゴール
()
ペピチ
()
石島
()
酒井 リベロ 井上
16 八子
()
井上
(深津)
千々木
()
今村
()
25
安永
()
筧本
(町野)
松本
(佐川)
内藤
()
イゴール
(安井)
越川
(國近)
ペピチ
()
石島
(北島)
酒井 リベロ 井上
20 町野
(安井)
越川
()
千々木
()
今村
(北島)
25
井上
()
イゴール
()
松本
()
内藤
()
八子
(國近)
安永
()
ペピチ
()
石島
()
酒井 リベロ 井上
25 八子
()
井上
()
千々木
()
今村
(北島)
23
安永
(安井)
町野
()
松本
()
内藤
()
イゴール
()
越川
()
ペピチ
()
石島
()
酒井 リベロ 井上
15 井上
()
町野
()
千々木
()
今村
(北島)
8
八子
(國近)
越川
()
松本
()
内藤
()
安永
(安井)
イゴール
()
ペピチ
()
石島
()
酒井 リベロ 井上

監督コメント

 今日の試合、スタートは良かったものの、第1セットを落とした事は痛かった。第2セット以降、サーブとブロックが機能し、良い展開が作れたものの、第4セット中盤から少し受け身になったところを突かれてしまった。
 明日は第1試合であるが、気持ちの切り替えとコンディションをできる限り高めて臨みたい。
 今日も遅くまで応援ありがとうございました。

要約レポート

 レギュラーシーズン2位の堺ブレイザーズと3位のJTサンダーズのセミファイナルリーグ戦初戦。
 速攻、バックアタックと幅広い攻撃を見せる堺に対し、越川、八子のサイド攻撃で対抗するJT。お互いに一歩も譲らない展開となるが、越川の連続ポイントで逆転したJTが第1セットを先取する。
 第2セット、ペピチのアタック、サービスエースで序盤からリードを広げた堺が、ミスで流れに乗れないJTを圧倒。続く第3セットも、石島、ペピチの強打でリードを広げた堺が、粘るJTを振り切り連取する。
 第4セット、JTのイゴールと堺のペピチとの打ち合いで一進一退の攻防が続くが、八子のアタックで流れをつかんだJTが、最後は越川のアタックで接戦をものにした。
 勢いに乗るJTは、最終セットも安永、八子の連続ブロックでリード広げ、その後も粘り強いブロック、レシーブから越川が次々とアタックを決め、セミファイナルリーグ戦初戦に勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 高松 幸一