チャレンジマッチ男子2013/14 チャレンジマッチ

試合会場レポート

[試合番号]
954
[開催日]
2014/04/06
[会場]
さいたま市記念総合体育館
[観客数]
455
[開始時間]
16:45
[終了時間]
18:06
[試合時間]
1:21
[主審]
浅井 唯由
[副審]
田野 昭彦

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 古田 博幸
コーチ: 興梠 龍司
通算: 0勝2敗
0 18 第1セット
【22】
25 3
23 第2セット
【27】
25
24 第3セット
【26】
26
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 中谷 宏大
通算: 2勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 相手の高さとパワーに受身な姿が出てしまった。
 最後は勝利で終わりたかったが、1点1セットを取る重みを痛感しました。
 次のステップへ向けて再びチャレンジしたいと思います。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

18 山田
(小川)
徳丸
()
衛藤
()
手塚
(福田)
25
石垣
()
細川
()
グラディナロフ
()
山岡
()
木村
(島崎)
モハメド
(安田)
山本(将)
()
鈴木
(盛重)
辻口(智) リベロ
23 石垣
()
山田
(小川)
手塚
(福田)
山岡
()
25
木村
(島崎)
徳丸
(井口)
衛藤
()
鈴木
()
モハメド
()
細川
()
グラディナロフ
(阿部)
山本(将)
(西尾)
辻口(智) リベロ
24 安田
(小川)
徳丸
()
衛藤
()
手塚
(福田)
26
石垣
(島崎)
細川
()
阿部
()
山岡
(巴)
木村
(山田)
モハメド
()
山本(将)
()
鈴木
()
辻口(智) 迫谷 リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 各セット連続失点が多く得点が動くゲームだったが、FC東京のブレイク力が各所で見られこのゲームに勝つことができた。
 サイドアウトとブレイクの場面でしっかりと気持ちの切り替えができたことが今日の勝因だと思う。
 この1週間選手たちは非常に厳しい精神状態だったと思うが、出場するしないにかかわらずよい練習を作り上げ、準備してきたことがこの試合につながってよかった。
 全国各地遠くまでたくさん足を運んでいただいた皆様ありがとうございました。皆様の声援が今日も後押しとなりました。
 応援ありがとうございました。

要約レポート

 大分三好ヴァイセアドラーは、モハメドのサービスエース、徳丸のブロックで5−1と一度は流れをつかんだものの、その後はミスも出てFC東京が6−6とすぐに追いついた。その後中盤まで競り合うが、手塚、グラディナロフらの力強いスパイクでFC東京がリードを広げると、最後は山本の豪快なブロックで第1セットを奪った。
 第2セット、石垣のブロックやモハメドの強力なスパイクで波に乗った大分三好は8−4とリードする。終盤になってFC東京が阿部、山本のサーブで大分三好のレシーブを崩して23−23で追いつくと、手塚のブロックも決まり一気に逆転して2セットを連取した。
 第3セットはスタートから手塚のサーブが光り、FC東京の4連続ポイントで始まった。8−2と一挙にリードするが、FC東京のミスもあり大分三好が24−24のジュースにもつれ込む大接戦となった。この接戦に阿部のブロックが終止符を打ちFC東京の勝利を決めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 小野沢 一宏