チャレンジマッチ男子2013/14 チャレンジマッチ

試合会場レポート

[試合番号]
952
[開催日]
2014/04/05
[会場]
さいたま市記念総合体育館
[観客数]
455
[開始時間]
17:00
[終了時間]
18:19
[試合時間]
1:19
[主審]
高橋 弘二
[副審]
江下 毅

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 古田 博幸
コーチ: 興梠 龍司
通算: 0勝1敗
0 19 第1セット
【23】
25 3
17 第2セット
【24】
25
20 第3セット
【26】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 中谷 宏大
通算: 1勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 相手の強いサーブ力に耐えることが出来ず、自分たちのリズムが作れなかった。
 サーブレシーブを安定させて、我慢の展開に持ち込みたい。
 明日は自分たちの持てる力を全て出しきりたい。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

19 徳丸
(島崎)
細川
()
手塚
(福田)
山岡
(西尾)
25
山田
(安田)
モハメド
()
衛藤
()
鈴木
()
石垣
()
大道
()
グラディナロフ
()
山本(将)
()
辻口(智) 迫谷 リベロ
17 徳丸
(島崎)
細川
()
衛藤
()
手塚
(福田)
25
山田
()
モハメド
()
グラディナロフ
()
山岡
(西尾)
石垣
(井口)
大道
(橋本)
山本(将)
()
鈴木
()
迫谷 リベロ
20 井口
()
山田
()
手塚
(福田)
山岡
()
25
徳丸
(島崎)
橋本
()
衛藤
(阿部)
鈴木
()
モハメド
()
細川
()
グラディナロフ
()
山本(将)
()
迫谷 リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 独特の緊張感の中、立ち上がりよく自分たちのペースでゲームができた。
 2セット目後半から雑なペースで失点する場面が増え、3セット目に良いスタートが切れなかった。
 明日は勝ちきることころまで自分たちのバレーを貫きたい。
 本日も応援ありがとうございました。明日も応援をよろしくお願いいたします。

要約レポート

 第1セット序盤、エースであるグラディナロフの活躍でFC東京が得点を重ねたが、ミドルブロッカー徳丸のブロックからリズムを掴んだ大分三好ヴァイセアドラーも粘りのバレーで16-14と形勢を逆転。中盤以降はシーソーゲームとなり、白熱した展開となったが、要所でサービスエースやブロックで主導権を握ったFC東京が1セットを先取した。
 第2セットも終始FC東京がリードする展開。大分三好もリベロ迫谷がガッツあるプレーでボールを繋ぎ反撃を試みるが、渾身のスパイクはFC東京のブロックに何度もつかまり、7-16と大きなリードを許してしまう。その後も大事な場面での大分三好のサーブミスが続き、このセットもFC東京が獲得した。
 意地をみせたい大分三好、第3セットはスタートからセッター山田の好サーブでリズムを掴み、8−5でテクニカルタイムアウトを迎える。エースであるモハメドが強烈なスパイクでチームを盛り立てるが、手塚・鈴木らが要所で得点を重ねたFC東京には力及ばなかった。最後はチームを支え続けるキャプテン阿部が好サーブで相手のミスを誘い、FC東京が3−0で勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 小林 萌子