V・チャレンジリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
929
[開催日]
2014/03/15
[会場]
岡崎中央総合公園総合体育館
[観客数]
510
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:12
[試合時間]
1:12
[主審]
柘植 知則
[副審]
大下 孝

フォレストリーヴズ熊本

監督: 坂井 充
コーチ:  
通算: 4勝12敗
0 17 第1セット
【22】
25 3
15 第2セット
【21】
25
21 第3セット
【23】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

大野石油広島オイラーズ

監督: 豆田 憲昭
コーチ:  
通算: 7勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 スタートの出だしが悪く、受身になってしまい、やろうとしていたことができなかった。チームのために、一人ひとりの役割が果たせておらず、苦しいときに自分たちで考えることができていなかった。できることをする、ボール半個でも食らい付き頑張るということがリーグの課題なので、しっかりと追及し明日の試合に挑みます。
 今日もたくさんの応援、ありがとうございました。

17 矢城
()
川口
()
松本
(田井)
押川(未)
()
25
和多
(福島)
福田
(永溝)
矢山
(板谷)
大楠
()
橋田
()
大熊
(酢田)
田中
()
吉安
()
佐藤 リベロ 福田
15 矢城
(酢田)
川口
()
松本
(田井)
押川(未)
()
25
和多
()
福田
(山口)
矢山
(板谷)
大楠
()
橋田
()
大熊
()
田中
()
吉安
()
佐藤 リベロ 福田
21 矢城
()
川口
(酢田)
松本
(田井)
押川(未)
()
25
和多
()
福田
(山口)
押川(真)
(板谷)
大楠
()
橋田
()
大熊
()
田中
()
吉安
()
佐藤 リベロ 福田

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 1セット目からミスの多い展開となったが、サーブとブロックが機能して、結果ストレートで勝つ事ができた。今日の反省点を修正し、明日のゲームに臨みたい。
 本日もご声援ありがとうございました。

要約レポート

 大野石油広島オイラーズが、ライトサイドからの高い攻撃力を見せて白星を得た。
 試合開始直後からとにかくライト、ライト、またライトといった感じのトス回しで、8−3までの間にライト田中の攻撃で4点を奪った。パターンが相手に読まれていても2枚ブロックを打ち抜く田中は、チームにとって実に頼りがいのあるキャプテンであった。
 2セット目からは大野石油のブロックが目立った。2−5のビハインドから6−6に追いつくまでに3本のブロックポイントを挙げた。このセットだけで5点のブロックポイントを挙げたが、すべて異なる選手というあたりに、選手一人一人のブロック力の高さがうかがえた。第3セットも13−17から3連続ブロック、22−21からも3本連続という怒濤のブロックで、最大6点差あった不利な状況を脱し、勝利を収めた。
 フォレストリーヴズ熊本は、チーム一丸となってひたむきなバレーを繰り広げた。しかし、第1・第2セットとも、それぞれ相手より5本以上多くのミスを出してしまった点が悔やまれる。ミスが少なくなった3セット目は相手をリードし続けたが、中盤から終盤にかけてことごとく攻撃が相手ブロックに捕まってしまった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 冨田 崇