V・チャレンジリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
919
[開催日]
2014/03/02
[会場]
美濃加茂市中央体育館プラザちゅうたい
[観客数]
715
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:17
[試合時間]
1:17
[主審]
上土谷 政高
[副審]
奥田 誠

フォレストリーヴズ熊本

監督: 坂井 充
コーチ: 西銘 進
通算: 4勝9敗
0 17 第1セット
【22】
25 3
18 第2セット
【25】
25
18 第3セット
【24】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

デンソーエアリービーズ

監督: 辻 健志
コーチ: 山口 祐之
通算: 12勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 高い相手に対して練習してきたことが出来た試合でしたが、中盤に相手が対応してきた時の自分たちの対応力が足りず、もう一つ先のことを考えることが出来ていなかった。
 もう一つ、もう半分という所が自分たちの課題なので、もっともっと追究していきます。
 また、フォレストらしい気持ちのコンビバレーが少しずつでき始めてきたので、それをプラスに次の試合につなげていきます。
 今日もたくさんの応援ありがとうございました。

17 矢城
(福島)
川口
()
鍋谷
()
鈴木
(泉岡)
25
和多
()
福田
()
大竹
()
井上(香)
(山田)
橋田
()
酢田
()
石井
(栄)
インドレ
()
山口 リベロ 佐野
18 矢城
(福島)
川口
()
鍋谷
()
鈴木
(泉岡)
25
和多
()
福田
(山形)
大竹
()
井上(香)
(山田)
橋田
()
酢田
()
石井
(栄)
インドレ
()
山口 リベロ 佐野
18 矢城
(武次)
川口
()
鍋谷
()
鈴木
(泉岡)
25
和多
(福島)
福田
(山形)
大竹
(井上(奈))
井上(香)
()
橋田
()
酢田
()
石井
(栄)
インドレ
(石坂)
山口 リベロ 佐野

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 相手のブロックをうまく利用したスパイクにやられ、各セットともスタートでつまづいた。
 中盤以降、レシーブでカバーし、つないで決めるという流れでなんとか盛り返せた。
 今後も、相手に対応しながらしっかり勝ちきっていきたい。
 たくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 首位争いを続けているデンソーエアリービーズにとっては、絶対に取りこぼせない一戦。一方フォレストリーヴズ熊本は、挑戦者として思い切り戦える絶好のチャンス。バレーボール好きな多くの子供たちの熱い声援の下、試合が始まった。
 デンソーはインドレの強烈なジャンプサーブ、高さのある大竹のブロックで試合の主導権を握り、リベロ佐野のガッツあふれるレシーブで攻撃へとつなげリズムよく第1セットを先取した。
 第2セット、序盤から熊本が粘り強いレシーブを見せ会場が盛り上がった。一時は熊本が8対4とリードしたが、デンソーは鍋谷の好サーブ、泉岡の強烈なライトからの攻撃で挽回し、終盤には大竹のブロックが決まり、セットを連取した。
 第3セットのスタートは熊本のペース。セッター和多の巧みなトスワークでデンソーのブロック陣に的を絞らせず、得点を重ねた。しかし、デンソーはリベロ佐野がサーブレシーブの核となって立て直しし、インドレの高い攻撃でリードを広げ、終盤には泉岡の活躍もあって第3セットもデンソーが奪い、3対0のストレートで勝利した。
 敗れはしたものの熊本の思い切りのよい攻撃そしてチームを鼓舞する大きな掛け声は大いに会場を沸かせた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 上村 浩昌