V・チャレンジリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
912
[開催日]
2014/02/22
[会場]
猫田記念体育館
[観客数]
780
[開始時間]
15:00
[終了時間]
16:48
[試合時間]
1:48
[主審]
吉岡 奈々
[副審]
佐伯 昌昭

PFUブルーキャッツ

監督: 寺廻 太
コーチ: 金子 健太郎
通算: 9勝4敗
3 22 第1セット
【24】
25 1
25 第2セット
【27】
23
27 第3セット
【29】
25
25 第4セット
【19】
10
第5セット
【】

【 】内はセット時間

大野石油広島オイラーズ

監督: 豆田 憲昭
コーチ: 岡本 翼
通算: 5勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1セットから第3セット目、大野さんの素晴らしい粘りに苦戦し、また自分たちの状況も良くなかったが、終盤にかけて強気で攻めた選手のがんばりで、結果的に勝利することが出来た。
 明日は1レグで敗れているデンソーさんとの対戦です。リベンジできるよう、良い準備をしていきたいと思う。
 本日もたくさんのご声援、誠にありがとうございました。

22 彌永
(餅田)
坂下
()
松本
(田井)
押川(未)
()
25
ドリス
(佐々木)
佐藤
(足立)
矢山
(平川)
大楠
(槇本)
松浦
()
川上
()
田中
()
吉安
()
岩永 高橋 リベロ 福田
25 彌永
()
坂下
()
松本
(田井)
押川(未)
()
23
ドリス
(餅田)
佐藤
(砂田)
矢山
(平川)
大楠
()
松浦
()
川上
()
田中
()
吉安
()
高橋 リベロ 福田
27 彌永
()
坂下
()
松本
(田井)
押川(未)
()
25
ドリス
(餅田)
砂田
()
矢山
(平川)
大楠
()
松浦
()
川上
()
田中
()
吉安
()
高橋 リベロ 福田
25 彌永
()
坂下
(餅田)
松本
(田井)
押川(未)
()
10
ドリス
()
砂田
(渡邊)
矢山
(平川)
大楠
()
松浦
()
川上
()
田中
()
吉安
()
高橋 リベロ 福田

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 3セット目までの各セット、サーブで攻めてレシーブで粘る展開はできたが、2、3セット目を取りきることが出来なかった。
 4セット目はサーブレシーブが崩れ、自分たちのバレーが出来なかった。
 明日はホームゲームでたくさんの声援に応えられるように修正していきたい。
 本日はご声援ありがとうございました。

要約レポート

 上位への巻き返しを目指す大野石油広島オイラーズと連勝を伸ばしたいPFUブルーキャッツの一戦は、両チームとも持ち味を発揮した熱戦となった。
 第1セット、大野石油はリベロ福田を中心にサーブレシーブとレシーブが安定し、セッター押川の巧みなトス回しで序盤リードした。PFUはドリス、坂下、佐藤の高いブロックとアタックで追い上げたが、大野石油が田中の要所を締めるアタックで逃げ切り先取した。
 第2セット、大野石油は吉安、松本の両ウイングスパイカーが活躍、PFUは高いブロックに当てて安定したレシーブからのコンビで対抗する一進一退の展開となった。終盤にPFUが川上のバックアタック、ドリスの移動攻撃などで得点を重ね、大野石油の追撃を振り切った。
 第3セット、大野石油は吉安、松本、PFUは川上、坂下、ドリスの打ち合いで両者譲らず、ジュースにまでもつれる展開となった。最後はPFUの坂下、彌永のアタックが決まり、このセットを取ると、その勢いのまま第4セットはPFUのドリスがアタック、ブロックに大活躍し勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 難波 茂行