V・チャレンジリーグ女子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
869
[開催日]
2014/01/11
[会場]
高知市総合体育館
[観客数]
360
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:28
[試合時間]
1:28
[主審]
大塚 春夫
[副審]
岩村 和哉

PFUブルーキャッツ

監督: 寺廻 太
コーチ: 金子 健太郎
通算: 4勝1敗
0 19 第1セット
【27】
25 3
20 第2セット
【27】
25
21 第3セット
【28】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

上尾メディックス

監督: 吉田 敏明
コーチ: 箕輪 憲吾
通算: 5勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

第1セット序盤良い流れを掴んでいたものの、サーブレシーブの崩れから連続失点をしてしまい、セットを先取出来なかったのが敗因の一つです。自分たちのバレーを展開することができず、大変悔しい結果となりました。
気持ちを切り換え、明日の一戦に臨みたいと思います。
今日もたくさんのご声援、ありがとうございました。

19 彌永
(足立)
坂下
(渡邊)
メットカフ
()
三浦
()
25
ドリス
()
佐藤
(餅田)
近藤
(東谷)
皆本
(小笹)
松浦
()
川上
()
丸山
()
土田
()
岩永 リベロ
20 ドリス
()
彌永
()
メットカフ
()
三浦
(竹田)
25
松浦
()
坂下
(餅田)
東谷
()
皆本
()
川上
()
佐藤
(砂田)
丸山
(山岸)
土田
()
岩永 リベロ
21 彌永
()
坂下
(餅田)
メットカフ
()
三浦
(山岸)
25
ドリス
(足立)
佐藤
(佐々木)
東谷
()
皆本
()
松浦
()
川上
()
丸山
(竹田)
土田
()
岩永 リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

苦しい試合でしたが、今年の初戦で勝利できたことは今後につながると思います。特に、第1セット大きくリードされながら、キャプテン土田のサーブ、メットカフ、皆本を中心とした攻撃で逆転できたことは、チームにとって大きな自信になるでしょう。明日の試合に気持ちを切り換えて、準備をしたいと思います。
多くの応援、ありがとうございました。

要約レポート

ここまで両チームとも、4勝負けなし同士の対戦。第1セット、序盤はシーソーゲームで試合が進むが、中盤PFUブルーキャッツ川上のサービスエースなどで7点差をつけ、2回目のテクニカルタイムアウトとなる。しかし上尾メディックスは、徐々に調子を上げてきたメットカフや皆本のスパイク、セッター土田の好サーブにより、リズムをつかみ逆点をし、25‐19で第1セットを取る。第2セット、PFUはドリスのスパイクやブロック、上尾はリベロ関の好レシーブからの攻撃により、競った試合展開となる。しかし、このセットも上尾は土田の好サーブでリズムをつかみ、メットカフを中心とした攻撃で得点を重ね、25‐20で第2セットも取る。第3セット、PFUは坂下の活躍が見られたが、上尾はメットカフを中心に皆本などの攻撃により、中盤までリードしたまま試合が進む。しかしPFUは、佐藤や川上、坂下の攻撃で20‐20の同点に追いつく。しかし、上尾は皆本のスパイクで得点を重ね、最後はメットカフがスパイクを決め、25‐21で第3セットを取り、セットカウント3‐0のストレートで勝利をおさめた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 中本 大