V・チャレンジリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
806
[開催日]
2014/03/29
[会場]
刈谷市体育館
[観客数]
295
[開始時間]
13:15
[終了時間]
14:19
[試合時間]
1:04
[主審]
吉岡 奈々
[副審]
北浦 陽介

東京トヨペットグリーンスパークル

監督: 松枝 寿明
コーチ: 池田 正一
通算: 0勝19敗
0 19 第1セット
【21】
25 3
20 第2セット
【20】
25
15 第3セット
【17】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ自動車サンホークス

監督: 近藤 浩
コーチ: 横田 英樹
通算: 6勝13敗

( )内は交代選手

監督コメント

 自分たちで苦しめてしまった試合でした。
 とにかく明日が最終戦ですので、もう一度全員で頑張ります。
 応援ありがとうございました。

19 伊藤
()
西片
()
大泊
()
渕江
()
25
松本
()

()
徳尾
()
東野
()
荒川
()
橋本
()
浅川
()
大保
()
徳岡 リベロ 福島
20 伊藤
()
西片
()
大泊
()
渕江
(渡邉)
25
松本
()

(大貫)
徳尾
()
東野
()
荒川
()
橋本
()
浅川
()
大保
()
徳岡 リベロ 福島
15 大貫
()
西片
()
大泊
()
二宮
()
25
松本
()

()
徳尾
(清水)
東野
()
荒川
()
橋本
()
渡邉
()
大保
()
徳岡 リベロ 福島

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 リーグ最終週、地元愛知県でのゲーム。スタートはブロックのタイミングが合わずペースを乱されたが、途中からブロックとレシーブのコンビネーションが出来てきた。
 明日も今季最後のゲームに集中してリーグを終えたい。
 たくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 トヨタ自動車サンホークスが東京トヨペットグリーンスパークルをストレートで下し勝利した。
第1セット開始から東京トヨペットは柴のアタックでポイントを重ね、リードを7点と広げ自分達のリズムで試合をスタートした。しかし中盤トヨタ自動車が徳尾のアタックでリズムをつかむと相手のミスにも助けられ、終始自分たちのペースでバレーをしストレートで勝利した。
トヨタ自動車はセッター東野が丁寧に上げるトスをウイングスパイカーの渕江・浅川が相手コートの枠を外さずコンスタントにスパイクを打ち込み、またラリーの中でもセンター大保を使い攻撃のリズムを作っていた。
 東京トヨペットは、柴・松本のスパイクで流れを変えようと反撃し、第2セットに2点差まで詰める場面もあったがサーブミスでリズムの芽を摘み逆転することは出来なかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 大津 聡