V・チャレンジリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
796
[開催日]
2014/03/22
[会場]
串良平和アリーナ
[観客数]
600
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:08
[試合時間]
2:08
[主審]
国頭 亮太
[副審]
寺田 温子

大分三好ヴァイセアドラー

監督: 古田 博幸
コーチ: 興梠 龍司
通算: 14勝3敗
2 25 第1セット
【28】
23 3
20 第2セット
【23】
25
22 第3セット
【25】
25
25 第4セット
【25】
18
9 第5セット
【15】
15

【 】内はセット時間

警視庁フォートファイターズ

監督: 溝口 正一
コーチ: 下田 健一
通算: 15勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

相手の安定したサーブレシーブを崩すことが出来なかった。また、粘りある相手側の展開に負けてしまった。
残りの試合は苦しい戦いになると思いますが、最後まで、自分たちの力が出せるよう頑張りたいと思います。
本日もたくさんの応援ありがとうございました。

25 橋本
(島崎)
細川
()
中道
()
清水
(小川)
23
山田
(小川)
モハメド
()
中村
()
松本
()
石垣
()
徳丸
(井口)
鈴木
(当間)
金丸
()
迫谷 リベロ 石川
20 橋本
(島崎)
細川
()
中村
()
中道
()
25
山田
(小川)
モハメド
()
鈴木
(当間)
清水
()
石垣
()
徳丸
()
金丸
()
松本
()
迫谷 リベロ 石川
22 橋本
(井口)
細川
()
中道
()
清水
(当間)
25
山田
()
モハメド
()
中村
()
松本
()
石垣
()
徳丸
(島崎)
鈴木
(小川)
金丸
()
辻口(智) 迫谷 リベロ 石川
25 山田
(小川)
橋本
()
中村
()
中道
()
18
石垣
()
細川
(井口)
鈴木
(小川)
清水
(当間)
徳丸
(島崎)
モハメド
()
金丸
()
松本
()
迫谷 辻口(智) リベロ 石川
9 山田
()
橋本
()
中村
()
中道
()
15
石垣
()
細川
()
鈴木
()
清水
(当間)
徳丸
(島崎)
モハメド
()
金丸
()
松本
()
迫谷 辻口(智) リベロ 石川

監督コメント

 今回の試合は、優勝するために絶対に負けられない試合でした。
 大分三好の粘り強い展開に苦しめられましたが、選手ひとりひとりが、あきらめることなく一丸となって戦ったのが、勝利につながったと思います。
 残り3試合、気を抜かず一生懸命頑張りますので応援のほど宜しくお願い致します。
 大会関係者の皆様、本日は大変ありがとうございました。

要約レポート

チャレンジマッチ進出をかけた、大分三好ヴァイアセドラーと警視庁フォートファイターズの大事な一戦。
1セット目は、互いにスパイクの応酬で、一進一退のゲーム展開となったが、大分三好が、モハメドや石垣の攻撃が冴え先取した。
2セット目・3セット目は警視庁が、中村・金丸を中心にした幅広い攻撃にブロックをからめて着実に加点し、この2セットを連取した。
4セット目、大分三好が細川を軸にした攻撃で中盤以降大きくリードし、そのままの勢いでこのセットを取り、セットカウント2対2のタイとした。
最終5セット目は、互いに譲らぬ展開となったが、中道のサーブからスパイクを重ね、6連続得点などで、一気に勝負を決めた。
観客も大いに満足するほどの熱戦で警視庁はチャレンジマッチ進出に向け、大きな1勝をあげた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 森永 繁樹