V・チャレンジリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
764
[開催日]
2014/02/22
[会場]
稲城市総合体育館
[観客数]
230
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:03
[試合時間]
2:03
[主審]
城 智人
[副審]
細井 啓太

東京ヴェルディ

監督: 山中 禎一郎
コーチ: 溝口 信二
通算: 7勝6敗
2 26 第1セット
【27】
28 3
19 第2セット
【22】
25
25 第3セット
【24】
22
25 第4セット
【21】
17
14 第5セット
【17】
16

【 】内はセット時間

富士通カワサキレッドスピリッツ

監督: 勝田 祥平
コーチ: 野澤 真
通算: 11勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 ホーム稲城で勝利しアピールしたかったが、一歩及ばなかった。
 第3、4セットはサーブで攻めて得点することができたが、富士通の粘り強い攻撃に耐えられなかった。
 明日もホームゲームなのでよいバレーをしてサポーターの気持ちに応えたい。
 本日も力強い応援を頂きありがとうございました。明日も熱い声援をお願いします。

26 上村
(中村)
根布屋
()
横田
(呉屋)
岩井
()
28
奥田
()
木村
()
中川
()
北沢
(新)
栗木
()
間瀬
(濱口)
田中
()
松野
(渡邉)
浅岡 早瀬 リベロ 芳賀
19 上村
(中村)
根布屋
()
横田
()
岩井
(呉屋)
25
奥田
()
木村
(中島)
中川
()
北沢
(新)
栗木
()
間瀬
()
田中
()
松野
(渡邉)
早瀬 浅岡 リベロ 芳賀
25 上村
(中村)
根布屋
()
横田
()
岩井
()
22
浜田
()
木村
()
中川
()
北沢
(新)
栗木
()
間瀬
(濱口)
田中
()
松野
(渡邉)
浅岡 早瀬 リベロ 芳賀
25 上村
(中村)
根布屋
()
横田
()
岩井
(呉屋)
17
浜田
()
木村
()
中川
(廣本)
北沢
(新)
栗木
()
間瀬
(濱口)
田中
()
松野
(渡邉)
早瀬 浅岡 リベロ 芳賀
14 上村
(中村)
根布屋
()
横田
(呉屋)
岩井
()
16
浜田
()
木村
()
中川
()
北沢
(新)
栗木
()
間瀬
(濱口)
田中
()
松野
(渡邉)
浅岡 早瀬 リベロ 芳賀

監督コメント

 本当に苦しい試合でした。東京ヴェルディのオフェンスに対し、勇気を持って立ち向かったことが勝因です。
 明日も苦しい試合が続くと思いますが、勇気を持って頑張ります。
 応援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、東京ヴェルディはスタートから栗木の強力な連続サーブポイントで終盤までリードするが、富士通カワサキレッドスピリッツは横田のブロック、松野のアタックで差を詰め、終盤、中川のスパイク、ブロックで逆転する。デュースとなるが、富士通は横田のブロックでセットを取る。
 第2セット、富士通は序盤から、田中、岩井の力強いアタック、横田のブロックで6連続得点しリードする。東京ヴェルディは高橋、根布屋のアタックで反撃するが、富士通がセットを連取する。
 第3セット、東京ヴェルディは木村の切れのあるアタック、上村のブロックでリードする。富士通も中川、岩井のスパイクで対抗し終盤、横田のブロックで同点とするが、東京ヴェルディが上村のアタックでセットを取る。
 第4セット、一進一退のゲームとなる。東京ヴィルディは木村、栗木のスパイクでリードし、替わった中村、濱口のサービスポイントでリードを広げセットを奪取する。
 最終セット、終盤、富士通は中川の渾身のアタックで3点リードし、松野のアタックでマッチポイントを取るが、東京ヴェルディも浜田のブロック、根布屋のアタックでデュースとするが、富士通は岩井のアタックで再度マッチポイントを掴み、試合に勝利する。東京ヴェルディはホームで勝利を飾る事が出来なかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 塚本 健二