V・プレミアリーグ男子 2013/14 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
407
[開催日]
2014/03/29
[会場]
松江市総合体育館
[観客数]
1,100
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:18
[試合時間]
1:18
[主審]
代居 正巳
[副審]
中山 健

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 中谷 宏大
通算: 7勝20敗
0 22 第1セット
【26】
25 3
20 第2セット
【23】
25
18 第3セット
【23】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

堺ブレイザーズ

監督: 酒井 新悟
コーチ: 長江 祥司
通算: 18勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

第1セット終盤の連続失点からリズムが崩れ終始相手の強いサーブ、トランジションスパイクに押されていた。
負けセット、負けゲームのパターンがいつも同じなので、そこを克服し、明日の勝利へつなげたい。
本日も応援ありがとうございました。
明日も引き続きご声援をよろしくお願いします。

22 山本(将)
()
グラディナロフ
()
千々木
()
佐川
()
25
鈴木
()
衛藤
(岡崎)
松本
()
出耒田
(内藤)
山岡
(西尾)
手塚
(福田)
ペピチ
()
石島
()
リベロ 井上
20 山本(将)
(阿部)
グラディナロフ
()
出耒田
()
千々木
()
25
鈴木
()
衛藤
(橋本)
松岡
()
佐川
(木場田)
山岡
()
手塚
(福田)
石島
(北島)
内藤
()
リベロ 坂梨
18 鈴木
()
山本(将)
(岡崎)
出耒田
()
千々木
()
25
山岡
(西尾)
阿部
()
松岡
()
佐川
(木場田)
手塚
(福田)
橋本
()
北島
()
内藤
()
リベロ 坂梨

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

今日は第1セット序盤こそリズムが良くなかったが、中盤以降はディフェンスからトランジションスパイクまでのコンビで主導権を握ることができた。
出耒田や、代わって出場した選手が、しっかりと自分の仕事をしたこと、そしてこの試合に勝利できたことは大変意義があると思う。
今日もすばらしい応援ありがとうございました。

要約レポート

第1セットは中盤までFC東京が手塚のスパイク、ブロックなどでリードする。堺ブレイザーズは石島のブロック、松本のクイックなどで徐々に波に乗り1セット目をとった。
第2セットは、中盤から堺の千々木、内藤の豪快なスパイクで得点を重ね、このセットも奪った。
第3セットも堺が着実にポイントを重ねてリードし、終盤を迎えた。堺はサウスポー松岡のスパイク、サーブが冴えわたり、3-0で勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。
  • ※Vリーグの公式データは公益財団法人日本バレーボール協会のJVISにより作成されています。

■作成者 伊原 満定